「saxophone」カテゴリーアーカイブ

エリック・ドルフィー待望の発掘音源集「Eric Dolphy – Musical Prophet (Resonance Records)」

先日寄ったタワーレコード新潟店に、待望の日本盤(解説書の翻訳付き)が入荷してたので、迷わず購入しました。

エリック・ドルフィー待望の発掘音源集「Eric Dolphy - Musical Prophet (Resonance Records)」
エリック・ドルフィー待望の発掘音源集「Eric Dolphy – Musical Prophet (Resonance Records)」

近年、ジャズジャイアンツの未発表音源を次々リリースし、世界的に注目を集める「レゾナンス・レコード (Resonance Records)」。

今回は何と、「Musical Prophet」というタイトルで、「エリック・ドルフィー (Eric Dolphy)」の3枚組発掘音源です。

「Musical Prophet」は、「音楽的な預言者」とでも訳せばいいのでしょうか?

蛇足ながら「孤高のスタイル」を貫くミュージシャンは、どのジャンルにも居るかと思われますが、そんな我が道を進むミュージシャン達に待っているのは、一般聴衆の「無理解」と、仕事がなかなか得られない事による「低収入」。

エリック・ドルフィーが欧州で客死した原因とも言える「糖尿病」にしても、お金がなくて食事では「はちみつ」を好んで食べてたとか(伝聞)、低収入に起因する生活習慣が原因であったりするわけで。

「孤高の道」を進むというのは結局、「我を通して」周りに迷惑かける結果しか生まない・・・という側面もあるという事を、反面教師として示してたりします。

さて、この発掘音源には、クラシカルな演奏テクニックを充分に鍛え上げ、またジャズの基礎教養「ビバップ」も充分習得したエリック・ドルフィーが、従来の「ジャズ」という枠組みから、如何にして飛び出せば良いのか?自分の理想とする「音楽」をどうやって記録として残そうか?

ドルフィーが様々なミュージシャン達と共に模索する様子を、厳選した音源として聴く事が出来ます。

このCDには3枚に渡り、様々な編成による演奏は収められておりますが、「ウディ・ショウ(Woody Shaw)」や、「ボビー・ハッチャーソン(Bobby Hutcherson)」含むバンドによる演奏群が一番、お気に入りです。

今回の音源として使用されたマスターテープは、ヨーロッパで客死したドルフィーが渡欧前、友人に預けたスーツケースの中に入っていたものだそうで。

過去にドルフィーの死後発売されたセッション音源も含め、新たに調査・整理の上、リマスター発売したものではあります。

セッション自体は以前より、1964年2月25日に録音された「Out To Lunch! (Blue Note BLP 4163)」前後の録音として、注目されていたようです。

という事で「Out To Lunch! (Blue Note)」と同傾向の、やや前衛音楽に近い演奏も、聴く事が出来ます。

欧州で客死していなければアメリカ帰国後、ブルーノートが新録音を予定していたそうで、エリック・ドルフィーのファンしては、何とも切ない気分になりますね。

なお、今回の未発表音源を含む3枚組は、アメリカの音楽プロデュサー「アラン・ダグラス(Alan Douglas)」がプロデュースし、自身のレコード会社「ダグラス・レコード」等より発売した音源を中心に、構成されております。

1963年7月1日と、3日に録音された音源は過去に、「Eric Dolphy – Iron Man [Douglas SD 755]」と、「Eric Dolphy – Conversations [Fred Miles FM 308]」というタイトルで分散収録され、発売されたものです。

過去発売された音源は「ステレオ」であったようですが、今回の音源は「モノラル」。

ボーナストラック扱いの「A Personal Statement」のみ、1964年3月の録音です。

以前、「Other Aspects (Blue Note BT 85131)」というタイトルで発売されたアルバムに、「Jim Crow」として収録されたの曲の「別テイク」であるとのこと。

なお、ディスク3収録の「Love Me (alternate take 2)」と「Alone Together (alternate take) 」は、2013年に発売された、「Eric Dolphy – Muses (Marshmallow Export MMEX-159-CD)」にも、収録されているそうです。

Eric Dolphy – Musical Prophet

Resonance Records HCD2035 / King International KKJ1031

Musical Prophet [Disc 1] Conversations

01. Jitterbug Waltz 7:18
02. Music Matador 9:37
03. Love Me 3:22
04. Alone Together 13:36

05. Muses for Richard Davis [previously unissued 1] 7:39
06. Muses for Richard Davis [previously unissued 2] 8:31

Musical Prophet [Disc 2] Iron Man

01. Iron Man 9:14
02. Mandrake 4:47
03. Come Sunday 6:28
04. Burning Spear 11:59
05. Ode to Charlie Parker 8:04

06. A Personal Statement 15:02

Musical Prophet [Disc 3] Previously Unissued Studio Recordings

01. Music Matador [alternate take] 8:05
02. Love Me (alternate take 1) 2:27

03. Love Me (alternate take 2) 3:43
04. Alone Together (alternate take) 12:14

05. Jitterbug Waltz (alternate take) 9:36
06. Mandrake (alternate take) 6:48
07. Burning Spear (alternate take) 10:31

◎Session 01 [July 1, 1963]

Eric Dolphy (bass-cl, fl) Richard Davis (b)

July 1, 1963 in NYC.

「Come Sunday」、「Ode to Charlie Parker」、「Alone Together」、「Alone Together (alternate take)」「Muses for Richard Davis [previously unissued 1]」、「Muses for Richard Davis [previously unissued 2]」

◎Session 02 [July 3, 1963]

Eric Dolphy (as, bass-cl, fl)
Woody Shaw (tp) Bobby Hutcherson (vib)
Richard Davis (b) Eddie Khan (b) J.C. Moses (ds)
Prince Lasha (fl) Clifford Jordan (ss) Sonny Simmons (as)

July 3, 1963 in NYC.

「Iron Man」、「Mandrake」、「Mandrake (alternate take)」、「Burning Spear」、「Burning Spear (alternate take)」、「Jitterbug Waltz」、「Jitterbug Waltz (alternate take)」、「Music Matador」、「Music Matador [alternate take]」、「Love Me」、「Love Me (alternate take 1)」、「Love Me (alternate take 2)」

◎Session 03 [March 1 or 2, 1964]

Eric Dolphy (alto sax, bass clarinet, flute) Bob James (piano) Ron Brooks (bass)
Bob Pozar (drums, percussion) David Schwartz (vocals)

March 1 or 2, 1964 at University Of Michigan, Ann Arbor, MI.

「A Personal Statement (Jim Crow)」

エリック・ドルフィーが、チャールス・ミンガスバンドの一員として欧州に渡り、西ベルリンにて客死したのは「糖尿病」による、低血糖状態の治療として注射されたインシュリンが原因で起きた心臓発作によるものらしいです(昔、死因を書いた記事を何度か読んだ記憶によると)。

しかし、芸術家の「我が道を行く」って行為は、自らの命を縮めると同時に、ファンである我々も、演奏者が追求してた「その後」を、「想像」でしか追えなくなる「時」が早々に訪れるというという事でもあるな・・・と、横道ながらも考えてしまいました。

ま、今回の横道は、この辺で止めときましょうかね。

「Elmo Hpoe – Hope Meets Foster(Prestige 7021)」フランク・フォスターの名演を堪能

Elmo Hpoe – Hope Meets Foster(Prestige 7021)

Elmo Hpoe - Hope Meets Foster(Prestige 7021)

 ピアニスト「エルモ・ホープ (Elmo Hope)」名義のアルバムですが、後に「Wail, Frank, Wail (PRLP 7021)」と改題され再発された事でも分かる通り、カウント・ベイシー楽団などで大活躍したテナー奏者「フランク・フォスター (Frank Foster)」のモダンな演奏を堪能出来るアルバム。

 エルモ・ホープは自作曲も多く、ブルーノート・レコードで録音するほど腕は確かなピアニストなのですが、残念ながら一部マニアしか知られていないようです。

 ビックバンドでの活動が多く、コンボでの演奏が少ない印象があるフランク・フォスターですが、初期ブルーノート・レコードに残された10インチアルバムを聴いたことがある方は分かると思いますが、かなりモダンな演奏を聴かせてくれます。

 このアルバムでは自作曲「Fosterity」、「Shutout」などで、彼の素敵な演奏を堪能出来ます。

 トランペットで3曲ほど参加してる「フルーマン・リー(Freeman Lee)」は、可もなく不可もなく・・・といった感じ。印象は、限りなく薄いです。

Elmo Hpoe – Hope Meets Foster (1955)

Prestige 7021 / OJC-1703 [1985 Remastered]

Elmo Hpoe - Hope Meets Foster(Prestige 7021)

side 1
 01. Wail, Frank Wail (Elmo Hope) 6:26
 02. Zarou (Elmo Hope) 5:15
 03. Fosterity (Frank Foster) 6:16

side 2
 04. Georgia On My Mind (Hoagy Carmichael, Stuart Gorrell) 6:39
 05. Shutout (Frank Foster) 5:50
 06. Yaho (Elmo Hope) 7:40

Freeman Lee (tp -2,3,5) Frank Foster (ts) Elmo Hope (p) John Ore (b) Art Taylor (ds)
October 4, 1955 at Van Gelder Studio, Hackensack, New Jersey.

Supervised by Bob Weinstock
Remastered by Gary Hobish

「Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]」豪華メンバーのエアチェック盤

Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Fats Navarro, Charlie Parker - Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

 「Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen」と名付けされた、ラジオ放送用のバンドによる1947年11月のスタジオ生放送エアチェック盤。

 手持ちのレコードをデジタル化したものですが、このアルバム自体は、CD化されていないようですね。

 バンド名は何故かジャズ評論家「バリー・ウラノフ(Barry Ulanov)」名義ですが、演奏メンバーは超豪華。

 ビバップ創始者の一人「チャーリー・パーカー(Charlie Parker)」、早世の天才トランペット奏者「ファッツ・ナバロ (Fats Navarro)」に加え、ドラムが「バディ・リッチ(Buddy Rich)」、ヴォーカルが「サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)」という、オールスター・メンバーによる豪華すぎる演奏です。

 ピアノが盲目の白人で、後に独自のクール・スタイルを確立した「レニー・トリスターノ(Lennie Tristano)」だというのも興味深いですね。

 ビバップ時代の名曲を、メインソロイストが入れ替わる感じで演奏してます。ヴォーカルのサラ・ヴォーンは「Everything I Have is Yours」のみ登場。

 ビバップ創始者の一人、ディジー・ガレスピーが参加せず、ファッツ・ナバロがトランペットで参加しても、まあ遜色ないですね。

 ついでに、チャーリー・パーカー、ファッツ・ナバロが共演するアルバム(エアチェック盤)がもう1枚「One Night In Birdland (Columbia JG 34808)」として発売されているので、ご紹介しておきます。


 最後の3曲は「Tadd Dameron and His Orchestra」による、1948年ロイヤル・ルーストでの実況録音。

 ダメロンのバンドなのに、ファッツ・ナバロでなく、何故か「アレン・イーガー(Allen Eager)」と「ワーデル・グレイ(Wardell Gray)」 のテナーコンビが、フロントに参加していますね。

 これも、ラジオからのエアチェックだと思われます。

Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Fats Navarro, Charlie Parker - Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen

side 1
 01. Announcement – Bruce Elliott 0:13
 02. 52nd Street Theme (T. Monk) 1:28
 03. Introduction – Elliott, Barry Ulanov 0:35
 04. Donna Lee (M. Davis) 2:23

 05. Introduction – Ulanov 0:19
 06. Everything I Have is Yours (B. Lane-H. Adamson) 2:43

 07. Introduction – Barry Ulanov 0:24
 08. Fats Flats [Hot House] (T. Dameron) 2:26

 09. Introduction – Ulanov 0:18
 10. Tea for Two (V. Youmans-I. Caesar) 2:22

 11. Introduction – Ulanov 0:23
 12. Don’t Blame Me (D. Fields-J. McHugh) 2:49

side 2
 13. Introduction – Ulanov 0:24
 14. Groovin’ High (D. Gillespie-F. Paparelli) 3:11

 15. Ko Ko (C. Parker) 5:40
 16. Anthropology (D. Gillespie-C. Parker) 0:37

Tadd Dameron and His Orchestra

 17. Now’s The Time (Charlie Parker) 3:38
 18. Lady Be Good (George / Ira Gershwin) 3:22
 19. Just You, Just Me (Jesse Greer / Raymond Klages) 4:13

Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen

Charlie Parker (as) Fats Navarro (tp) John La Porta (cl) Allen Eager (ts)
Lennie Tristano (p) Billy Bauer (g) Tommy Potter (b) Buddy Rich (ds)
Sarah Vaughan (vo) Bruce Elliott (ann) Barry Ulanov (ann)

November 8, 1947 at WOR Mutual Studio, NYC. radio broadcast

Tadd Dameron and His Orchestra

Allen Eager (ts) Wardell Gray (ts)
Tadd Dameron (p) Curly Russell (b) Kenny Clarke (ds)

August – September, 1948 at Royal Roost, NYC. radio broadcast


「Ornette Coleman – Dancing In Your Head (A&M/Horizon)1977」は、祭りの喧騒

フリージャズの指導的存在で「ハーモロディクス(Harmolodics)理論」の提唱者、「オーネット・コールマン(Ornette Coleman)」。

Ornette Coleman - Dancing In Your Head (1977)

1976年に録音した「ダンシング・イン・ユア・ヘッド(Dancing In Your Head)」は、お祭り騒ぎ的な「Theme From A Symphony」の2バージョンと、1973年にモロッコで現地のミュージシャンの演奏に合わせ録音した「Midnight Sunrise」が収録されております。

さて、2つのバージョンが収録される「Theme From A Symphony」。

ファンク&ロックのビート、2ギター奏でるカラフルなサウンドをバックに、オーネットがスカっと気持ちよく吹きまくっております(最後まで)。

明るく異国情緒漂う音の羅列と、「祭りの喧騒」にも似たリズムが交じり合い、祝祭的な雰囲気を醸し出していきます。

この猥雑極まりない音楽はCDより、プチプチノイズ入りのアナログレコードで聴くべきだと思います。

しかし、テナーのようなぶっとい音でオーネット奏でるソロのポップさ加減は凄まじいの一言。

初期のナイフのように尖った演奏から想像出来ないほどの、変貌具合かなと。

最後に登場するのがモロッコで録音された「Midnight Sunrise」。

バグパイプのような響きと、和太鼓奏でる如き単調なリズムに乗せ、オーネットが即興演奏を繰り広げるもの。


Ornette Coleman – Dancing In Your Head (A&M/Horizon)1977
A&M/Horizon SP-722 / Universal Music UCCU-6118 [2011.07.20]

Ornette Coleman (as) Charles Ellerbee(g) Bern Nix (g) Rudy MacDaniel (b) Ronald Shannon Jackson (ds)
December, 1976 at Barclay Studios, Paris, France.

01. Theme From A Symphony (variation 1) 15:37

02. Theme From A Symphony (variation 2) 11:06

Robert Palmer (cl, wood-fl) Ornette Coleman (as, tp, electric violin)
The Master Musicians Of Jajouka (pipes, fl, three lutanists, violin, ds)
January, 1973 in Jajouka, Morocco.

03. Midnight Sunrise 4:36


この時代のオーネット・コールマンは、「フリー・ジャズ(Free Jazz)」と呼ばれる演奏スタイルに、理論武装を施すため、「ハーモロディクス(Harmolodics)理論」なる、未だ定義があいまいな「演奏理論」を口にするようになります。

で、「ハーモロディクス(Harmolodics)理論」てなんじゃい?という事で、いろいろと他サイトを調べてみましたが、霞を掴むが如く(笑)。

オーネットの下に集まって、自由奔放に音を出した結果生まれる「演奏」を「ハーモロディクス(Harmolodics)」と呼んでいるようです。

これはオーネットの「理論」というより、「ハーモロディクス現象」とか「ハーモロディクス効果」と呼んだほうが、しっくり行くのではないかと思いますが、如何なもんでしょ?

「Ornette Coleman – Free Jazz +1 [Atlantic] 1960」は難解じゃなかった

「オーネット・コールマン(Ornette Coleman)」の作品群を聞く際、どうしても「フリージャズ=訳分かんない」という先入観念から、なかなか「気軽に聴く気になれない」んですが・・・。

Ornette Coleman - Free Jazz +1 [Atlantic LP 1364] (1960)

覚悟を決めて(笑)聴いて見ると、案外ふつーに聴けたのがこの、1960年に録音された「Free Jazz (Atlantic LP 1364)」。

クラッシック(現代音楽)から、フリージャズに入った方がより、理解し易いみたいですが、残念ながら私は、現代音楽には興味がなくて、詳細語れません、あしからず(笑)。

コード進行やテーマの小節数、リズムパターンなどを廃し、滅茶苦茶やってるだけ(笑)かと思えば、ベースのスコット・ラファロなど、クラッシックの素養があるミュージシャンが、荒れ狂う音の洪水を、ギリギリの処で、「音楽の枠内」に踏みとどめているような感じ。

溢れる音の洪水に呑まれぬよう、各人が「尖がった音の塊」を投げつけていく、といった風にも思えます。

なお後にオーネット・コールマンは、この演奏方法を「ハーモロディクス(Harmolodics)理論」と名付け、
「俺達は無茶苦茶やってるじゃないもん!法則性に基づいてやってるんだ!」
と、開き直りますが、パ●ト・メ●ニーら勘違い(と言われている)組を含め、理解出来るものはごく少数だった模様(笑)。

さてこのアルバム、「Free Jazz – A Collective Improvisation By The Ornette Coleman Double Quartet」とジャケットに記載されてますように、左右のチャンネルに別々のカルテットを配し、コードや小節数の制約がない状態で延々(約37分)、即興演奏を繰り広げます。

この録音に関しては、あらかじめ決められていたのは、「ソロの順番」と「演奏時間」だった模様。

レコード時代には、AB両面で1曲という凄い事になってたようで。

CD時代に1曲につながった演奏を聴く事が出来るようになりましたが、これはこれで、別の問題が発生してたりします。

つまり、人間の集中力の持続時間という問題がありまして、これが約45分(15分×3回)。

良い音で聴けるLPレコードの収録時間が約20分という話もありますが、人が「集中して聴ける持続時間」という点でも、合致してる訳でありますね。

さて、アルバム「Free Jazz +1 [Atlantic] 」の話に戻ります。

派手なテーマらしきものが演奏された後、いきなりドロフィーのソロが始まります。
なお、各人のソロが終る頃、合奏(テーマ)らしきものが挟まれます。

ソロの間、他の奏者がナニをしてるかというと、適度に合いの手を入れてる感じ。

演奏はまず「エリック・ドルフィー(bass-cl)」が約5分ほど演奏し、次に「フレディ・ハバード(tp)」 が約5分ほど演奏。

次に「オーネット・コールマン(as) の演奏が10分弱ほど続き、LPレコード時代には、ここでA面(Part 1)終りとなる模様。

ここまで息つく暇もないまま、経過時間約20分(笑)。

LPレコード時代のB面(Part 2)、まずは「ドン・チェリー(pocket-tp)」の演奏が約5分。

フロント陣が終るとリズム隊でまず、ベースの「チャーリー・ヘイデン(b)」のソロが約4分 で、「スコット・ラファロ(b)」 ソロが約4分。

最後にドラムの「エド・ブラックウェル(ds)」が約1分、「ビリー・ヒギンズ(ds) 」が約1分ソロを演奏。

CD時代に追加された「The First Take」という曲は「Free Jazz (alternate take)」であり、リハーサル的に約17分というコンパクトな時間で、「Free Jazz」が演奏されております。


なおジャケットの窓から見える絵画は、抽象表現主義の代表的な画家・ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)の「ホワイト・ライト(White Light) (1954)」という作品。

この作品は現在、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に収蔵されているそうです。


Ornette Coleman – Free Jazz +1 [Atlantic LP 1364] (1960)

01. Free Jazz (Ornette Coleman) 37:03

[CD bonus track]
02. The First Take [Free Jazz (alternate take)] (Ornette Coleman) 17:00

A Collective Improvisation By The Ornette Coleman Double Quartet

Ornette Coleman (as) Don Cherry (pocket-tp)
Scott LaFaro (b) Billy Higgins (ds) [left channel]

Eric Dolphy (bass-cl) Freddie Hubbard (tp)
Charlie Haden (b) Ed Blackwell (ds) [right channel]

December 21, 1960 at A&R Studios in NYC.

Supervised by Nesuhi Ertegun
Painting – Jackson Pollock
Album Design – Loring Eutemey
Recording Engineer – Tom Dowd