「Bud Powell」タグアーカイブ

【mixcloud】Bud Powell – The Amazing Bud Powell


1年ぶりくらいになりますかね・・・「Mixcloud」へ、昔作った自作コンピレーションCDの音源をミックスし直して、アップしてみました。

今回のCDテーマは、バド・パウエル(Bud Powell)。
CDに書かれた文字を確認すると、2003年に編集したものですね。

元音源は、いつも通り「24bit Remasterd by RVG」です。
先日亡くなった名エンジニア、ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)への追悼の意を込めて。

【mixcloud】Bud Powell – The Amazing Bud Powell [RVGJ-9501]

00:00 01. Un Poco Loco
04:43 02. A Night In Tunisia
08:54 03. Parisian Thoroughfare
12:18 04. Wail
15:19 05. 52nd Street Theme
18:05 06. Ornithology
20:26 07. Reets And I
22:54 08. Collard Greens And Black-Eye Peas
25:54 09. Glass Enclosure
28:16 10. Blue Pearl
32:02 11. Bud On Buch
34:33 12. Buster Rides Again
40:02 13. Marmalade
44:30 14. John’s Abby
50:08 15. Cleopatra’s Dream
54:32 16. Duid Deed
59:39 17. Crossin’ The Channel
63:07 18. Comin’ Up





BN4009 Bud Powell – The Scene Changes The Amazing Bud Powell, Vol. 5 (Blue Note)


The Scene Changes – The Amazing Bud Powell, Vol. 5 / Bud Powell Blue Note BST-84009

The Amazing Bud Powell, Vol. 5 - THE SCENE CHANGES - BUD POWELL Blue Note BST-84009

『ザ・シーン・チェンジズ』は、渡欧直前のバド・パウエルがブルーノートに残した最後のリーダー・アルバムです。

日本人が好みそうなマイナー・キーの曲中心で、全曲バド・パウエルのオリジナル。

ドラムのアート・テイラー(Art Taylor)はリーダーからステック禁止(笑)を言い渡され、ブラシだけでリズムを刻んでおります。
・・・理由は、前作『タイム・ウェイツ(1598)』においてドラムスのフィリー・ジョー・ジョーンズが叩き過ぎ(笑)て五月蝿かったため、と噂されております。

録音の背景はともかく(笑)、ほぼ同じモチーフを用いたと思われる曲が集められたこのアルバム、疲れた心を癒すには最適なアルバムの一枚ではないか?と思います。

The Amazing Bud Powell, Vol. 5 – THE SCENE CHANGES / BUD POWELL Blue Note BST-84009

01. Cleopatra’s Dream (Bud Powell) 4:22
02. Duid Deed (Bud Powell) 5:07
03. Down with It (Bud Powell) 4:00
04. Danceland (Bud Powell) 3:42
05. Borderick (Bud Powell) 1:59

06. Crossin’ the Channel (Bud Powell) 3:30
07. Comin’ Up (Bud Powell) 7:57
08. Gettin’ There (Bud Powell) 5:04
09. The Scene Changes (Bud Powell) 4:02

[CD Bonus Tracks]
10. Comin’ Up [alternate take] 5:26

Bud Powell (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
December 29, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
続きを読む BN4009 Bud Powell – The Scene Changes The Amazing Bud Powell, Vol. 5 (Blue Note)

BN1598 Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note)


Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note BLP 1598)

Bud Powell - The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note BLP 1598)

この「タイム・ウェイツ ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.4」、バド・パウエルのブルーノート作品中、比較的地味な印象がある作品です。

聴かない理由は、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)の派手過ぎるドラム。
あのパワフルなドラムが五月蝿すぎ、パウエルの雰囲気で聴かせるピアノに集中出来ないからなあ。

パウエル自身もそう感じていたらしく、次作の大人気盤「The Scene Changes / The Amazing Bud Powell Vol.5」
の録音では、ドラマーのアート・テイラー(Art Taylor)に「シンバル禁止!」、「ブラシだけで演奏しろ!」と、言ったとか言わないとか・・・・。

●The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 / Bud Powell Blue Note BLP 1598

01. Buster Rides Again (Bud Powell) 5:30
02. Sub City (Bud Powell) 4:32
03. Time Waits (Bud Powell) 5:06
04. Marmalade (Bud Powell) 4:28

05. Monopoly (Bud Powell) 4:47
06. John’s Abbey (Bud Powell) 5:36
07. Dry Soul (Bud Powell) 6:41
08. Sub City [alternate take] (Bud Powell) 2:36

[CD Bonus Tracks]
09. John’s Abbey [alternate take] (Bud Powell) 2:25

Bud Powell (p) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (ds)
May 24, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
続きを読む BN1598 Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note)