「Fats Navarro」タグアーカイブ

「Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]」豪華メンバーのエアチェック盤

Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Fats Navarro, Charlie Parker - Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

 「Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen」と名付けされた、ラジオ放送用のバンドによる1947年11月のスタジオ生放送エアチェック盤。

 手持ちのレコードをデジタル化したものですが、このアルバム自体は、CD化されていないようですね。

 バンド名は何故かジャズ評論家「バリー・ウラノフ(Barry Ulanov)」名義ですが、演奏メンバーは超豪華。

 ビバップ創始者の一人「チャーリー・パーカー(Charlie Parker)」、早世の天才トランペット奏者「ファッツ・ナバロ (Fats Navarro)」に加え、ドラムが「バディ・リッチ(Buddy Rich)」、ヴォーカルが「サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)」という、オールスター・メンバーによる豪華すぎる演奏です。

 ピアノが盲目の白人で、後に独自のクール・スタイルを確立した「レニー・トリスターノ(Lennie Tristano)」だというのも興味深いですね。

 ビバップ時代の名曲を、メインソロイストが入れ替わる感じで演奏してます。ヴォーカルのサラ・ヴォーンは「Everything I Have is Yours」のみ登場。

 ビバップ創始者の一人、ディジー・ガレスピーが参加せず、ファッツ・ナバロがトランペットで参加しても、まあ遜色ないですね。

 ついでに、チャーリー・パーカー、ファッツ・ナバロが共演するアルバム(エアチェック盤)がもう1枚「One Night In Birdland (Columbia JG 34808)」として発売されているので、ご紹介しておきます。

[amazonjs asin=”B00GXEXZ54″ locale=”JP” title=”ワン・ナイト・イン・バードランド”]


 最後の3曲は「Tadd Dameron and His Orchestra」による、1948年ロイヤル・ルーストでの実況録音。

 ダメロンのバンドなのに、ファッツ・ナバロでなく、何故か「アレン・イーガー(Allen Eager)」と「ワーデル・グレイ(Wardell Gray)」 のテナーコンビが、フロントに参加していますね。

 これも、ラジオからのエアチェックだと思われます。

Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Fats Navarro, Charlie Parker - Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen

side 1
 01. Announcement – Bruce Elliott 0:13
 02. 52nd Street Theme (T. Monk) 1:28
 03. Introduction – Elliott, Barry Ulanov 0:35
 04. Donna Lee (M. Davis) 2:23

 05. Introduction – Ulanov 0:19
 06. Everything I Have is Yours (B. Lane-H. Adamson) 2:43

 07. Introduction – Barry Ulanov 0:24
 08. Fats Flats [Hot House] (T. Dameron) 2:26

 09. Introduction – Ulanov 0:18
 10. Tea for Two (V. Youmans-I. Caesar) 2:22

 11. Introduction – Ulanov 0:23
 12. Don’t Blame Me (D. Fields-J. McHugh) 2:49

side 2
 13. Introduction – Ulanov 0:24
 14. Groovin’ High (D. Gillespie-F. Paparelli) 3:11

 15. Ko Ko (C. Parker) 5:40
 16. Anthropology (D. Gillespie-C. Parker) 0:37

Tadd Dameron and His Orchestra

 17. Now’s The Time (Charlie Parker) 3:38
 18. Lady Be Good (George / Ira Gershwin) 3:22
 19. Just You, Just Me (Jesse Greer / Raymond Klages) 4:13

Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen

Charlie Parker (as) Fats Navarro (tp) John La Porta (cl) Allen Eager (ts)
Lennie Tristano (p) Billy Bauer (g) Tommy Potter (b) Buddy Rich (ds)
Sarah Vaughan (vo) Bruce Elliott (ann) Barry Ulanov (ann)

November 8, 1947 at WOR Mutual Studio, NYC. radio broadcast

Tadd Dameron and His Orchestra

Allen Eager (ts) Wardell Gray (ts)
Tadd Dameron (p) Curly Russell (b) Kenny Clarke (ds)

August – September, 1948 at Royal Roost, NYC. radio broadcast


[amazonjs asin=”B00007AJM1″ locale=”JP” title=”コンプリート・ロイヤル・ルースト・ライヴ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ”]

[amazonjs asin=”B002SZR30K” locale=”JP” title=”コンプリート・ロイヤル・ルースト・ライブ・レコーディングス・オン・サヴォイ VOL.1″]

「Tadd Dameron – Anthropology (Vee Jay/Fun House)」ファッツ・ナバロの名演奏を楽しむ

Tadd Dameron – Anthropology Vee Jay / Fun House 20YB-7014 (1988)

Tadd Dameron - Anthropology (Vee Jay/Fun House)

 「ヴィー・ジェイ・レコード(Vee Jay)」なんだけど多分、日本企画(ファンハウス)の発掘盤。

 ビバップ時代から作編曲者として活躍する「タッド・ダメロン(Tadd Dameron)」バンドの、ロイヤル・ルーストでのライブ録音。

 元々AMラジオでオンエアされたエアチェック音源らしく、ラジオ・アナウンサーの声が所々入ります。

 リーダー格のタッド・ダメロンの他、早逝した天才トランペット「ファッツ・ナバロ(Fats Navarro)」、白人テナーの名手「アレン・イーガー(Allen Eager)」、ヴィブラフォンの「ミルト・ジャクソン(Milt Jackson)」など、バップ時代に活躍した素晴らしいメンバー達の演奏を堪能出来るアルバムです。

 今まで、CD化された同時期の録音「Fats Navarro ‎– Featured With The Tadd Dameron Band (Milestone Records)」だけを延々聴いていて、CD化されてないこのレコードはレコード棚に放置してたのですが、デジタル化してあらためてデータ確認してみると、録音日とか収録曲が違うらしい(汗)。

 いろいろと記録を調べると、タッド・ダメロンのバンドは、「ロイヤル・ルースト(Royal Roost)」というジャズクラブで長期に渡りレギュラーで演奏していたらしい上に、ラジオで生放送されていたみたいなので、エアチェックされたテープが、次々と発掘されても不思議ではないのかなー。

 また、「Fats Navarro Featured With Tadd Dameron’s Band-Royal Roost Sessions 1948 (Fresh Sound Records ‎FSR-CD 171)」というアルバムの他、何枚かCD化されてる音源があるようですが現在、入手困難なのかな?

 私の場合、もちろん「ファッツ・ナバロ(Fats Navarro)」目当てで購入したのですが、10曲中最後の3曲にはファッツ・ナバロが参加してません(泣)。

 その3曲には、代打としてトロンボーンの「カイ・ウィンディング(Kai Winding)」が参加してます。

 なおファッツ・ナバロが参加した演奏曲目は、ブルーノート・レコードに残されたスタジオ録音でも堪能することが出来ます。

[amazonjs asin=”B0045RDFU6″ locale=”JP” title=”The Fabulous Fats Navarro”]

Tadd Dameron – Anthropology (1948)

Vee Jay / Fun House 20YB-7014 (1988)

Tadd Dameron - Anthropology (Vee Jay/Fun House)

side 1
 01. Good Bait (Dameron) 5:32
 02. The Squirrel (Dameron) 3:45
 03. Symphonette (Erickson) 4:09

 04. Tadd Walk (Dameron) 4:29
 05. Dameronia (Dameron) 5:10

side 2
 06. Anthropology (Parker, Gillespie, Bishop Jr) 4:49
 07. Our Delight (Dameron) 4:03

 08. The Chase (Dameron) 4:10
 09. Wa Hoo (Friend) 5:14
 10. Lady Be Good (Gershwin) 5:06

Fats Navarro (tp) Kai Winding (tb) Rudy Williams (as) Allen Eager (ts) Milt Jackson (vib)
Tadd Dameron (p) Curly Russell (b) Kenny Clarke (ds)

September 4, October 2, 9, 16, 30, 1948 at The Royal Roost, NYC.

 蛇足だが、独創的なジャケットイラストは、作者名「Hirosuke Ueno」と書かれているので、「上野宏介(ウエノ★アモーレ★ヒロスケ)」さんで、合っているのだろうか?あとで誰か詳しく調べなきゃ。


「Fats Navarro ‎– Featured With The Tadd Dameron Band [Milestone Records MCD 470412]」

[amazonjs asin=”B015TF43X0″ locale=”JP” title=”Fats Navarro Featured with the Tadd Dameron Band by Navarro, Fats (1991-10-15) 【並行輸入品】”]

[amazonjs asin=”1476821259″ locale=”JP” title=”Tadd Dameron: 10 Jazz Greats (Jazz Play-Along)”]