「Blue Note」カテゴリーアーカイブ

BN4140 Joe Henderson – Page One (Blue Note)

Joe Henderson – Page One Blue Note BST-84140

Page One / Joe Henderson Blue Note BST-84140

大好きなアルバム。
このCDを聴いていると、部屋の温度が2度位下がるような、爽やかな雰囲気に包まれます。

共演するケニー・ドーハム(Kenny Dorham)は、自作曲2曲(「BLUE BOSSA」、「LA MESHA」)に加え、ジャケット裏の解説まで担当する力の入れよう。

いろいろ書物(何かは失念!)を読んでいると、おもしろい経緯が分かりました。

最初は何と、ジョー・ヘンダーソンがケニーの演奏に惚れ込み、ケニーと同じように演奏したくて練習を重ね、遂には弟子入りを果たしたようなのです。

この辺りは、マイルス・デイヴィス(Miles Davis)がチャーリー・パーカー(Charlie Parker)に惚れ込み、弟子入りした経緯と同じようですね。

つまり、ジョー・ヘンダーソンの電磁波パルスの様に予測不可能な演奏のルーツには、ケニーの演奏も混じっているという事になります。

ジョー自身のインタビュー(出所は失念)では、
「(共演時には、)息継ぎからアクセントのつけ方まで、そっくりに吹くことが出来た。」
というお話を読んだことがあります。

・・・なんだかこの辺りは、クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)と、ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)の関係に似ていますね。

そうして様々なスタイルを身に付けたジョーさんの事を、『ジャズのあらゆるスタイルが含まれている』を評するサックス奏者がいる程です(誰かは失念)。

●Page One / Joe Henderson Blue Note BST-84140

01. Blue Bossa (Kenny Dorham) 8:00
02. La Mesha (Kenny Dorham) 9:06
03. Homestretch (Joe Henderson) 4:12

04. Recorda Me (Joe Henderson) 5:59
05. Jinrikisha (Joe Henderson) 7:22
06. Out of the Night (Joe Henderson) 7:23

Kenny Dorham (tp) Joe Henderson (ts)
McCoy Tyner (p) Butch Warren (b) Pete LaRoca (ds)

June 3, 1963 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

続きを読む BN4140 Joe Henderson – Page One (Blue Note)

BN4009 Bud Powell – The Scene Changes The Amazing Bud Powell, Vol. 5 (Blue Note)

The Scene Changes – The Amazing Bud Powell, Vol. 5 / Bud Powell Blue Note BST-84009

The Amazing Bud Powell, Vol. 5 - THE SCENE CHANGES - BUD POWELL Blue Note BST-84009

『ザ・シーン・チェンジズ』は、渡欧直前のバド・パウエルがブルーノートに残した最後のリーダー・アルバムです。

日本人が好みそうなマイナー・キーの曲中心で、全曲バド・パウエルのオリジナル。

ドラムのアート・テイラー(Art Taylor)はリーダーからステック禁止(笑)を言い渡され、ブラシだけでリズムを刻んでおります。
・・・理由は、前作『タイム・ウェイツ(1598)』においてドラムスのフィリー・ジョー・ジョーンズが叩き過ぎ(笑)て五月蝿かったため、と噂されております。

録音の背景はともかく(笑)、ほぼ同じモチーフを用いたと思われる曲が集められたこのアルバム、疲れた心を癒すには最適なアルバムの一枚ではないか?と思います。

The Amazing Bud Powell, Vol. 5 – THE SCENE CHANGES / BUD POWELL Blue Note BST-84009

01. Cleopatra’s Dream (Bud Powell) 4:22
02. Duid Deed (Bud Powell) 5:07
03. Down with It (Bud Powell) 4:00
04. Danceland (Bud Powell) 3:42
05. Borderick (Bud Powell) 1:59

06. Crossin’ the Channel (Bud Powell) 3:30
07. Comin’ Up (Bud Powell) 7:57
08. Gettin’ There (Bud Powell) 5:04
09. The Scene Changes (Bud Powell) 4:02

[CD Bonus Tracks]
10. Comin’ Up [alternate take] 5:26

Bud Powell (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
December 29, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
続きを読む BN4009 Bud Powell – The Scene Changes The Amazing Bud Powell, Vol. 5 (Blue Note)

BN1513 Thad Jones – Detroit-New York Junction (Blue Note)

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513

サド・ジョーンズのブルーノート第1弾は、ケニー・バレル(g)、トミー・フラナガン(p)らデトロイト出身の豪華メンバーを揃えた録音。
当時在籍していたカウント・ベイシー楽団の大名盤『April In Paris / Count Basie and His Orchestra (Verve V6-8012)』は、同時期の録音です。

サド・ジョーンズ(Thad Jones)は、有名な「ジョーンズ3兄弟」の真ん中でありますね。
ちなみに、兄の方はハンク・ジョーンズ(p)、弟はエルヴィン・ジョーンズ(ds)です。

また作編曲もこなすサド・ジョーンズ、他のブルーノート録音で例えると・・・・。

ファッツ・ナヴァロ(Fats Navarro)とタッド・ダメロン(Tadd Dameron)の名コンビを一人で兼ねている感じですか。

とりあえずアルバム、『The Fabulous Fats Navarro(BN1531/1532)』を参照下さい。
シャドウ・ウィルソン(Shadow Wilson)が参加する1947年9月の録音を聴けば、納得いただけると思います。

本アルバム最後の収録曲「Zec」では、ファッツ・ナバロ直系のモダンなフレーズをお楽しみいただけます。

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP1513

01. Blue Room (Thad Jones) 6:44
02. Tariff (Thad Jones) 5:33
03. Little Girl Blue (Rodgers-Hart) * 2:48

04. Scratch (Thad Jones) 10:26
05. Zec (Thad Jones) 8:46

Thad Jones (tp) Billy Mitchell (ts -omit *) Kenny Burrell (g)
Tommy Flanagan (p -omit *1) Oscar Pettiford (b) Shadow Wilson (ds -omit *)
March 13, 1956 at Audio-Video Studios, NYC.
続きを読む BN1513 Thad Jones – Detroit-New York Junction (Blue Note)

BN1598 Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note)

Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note BLP 1598)

Bud Powell - The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note BLP 1598)

この「タイム・ウェイツ ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.4」、バド・パウエルのブルーノート作品中、比較的地味な印象がある作品です。

聴かない理由は、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)の派手過ぎるドラム。
あのパワフルなドラムが五月蝿すぎ、パウエルの雰囲気で聴かせるピアノに集中出来ないからなあ。

パウエル自身もそう感じていたらしく、次作の大人気盤「The Scene Changes / The Amazing Bud Powell Vol.5」
の録音では、ドラマーのアート・テイラー(Art Taylor)に「シンバル禁止!」、「ブラシだけで演奏しろ!」と、言ったとか言わないとか・・・・。

●The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 / Bud Powell Blue Note BLP 1598

01. Buster Rides Again (Bud Powell) 5:30
02. Sub City (Bud Powell) 4:32
03. Time Waits (Bud Powell) 5:06
04. Marmalade (Bud Powell) 4:28

05. Monopoly (Bud Powell) 4:47
06. John’s Abbey (Bud Powell) 5:36
07. Dry Soul (Bud Powell) 6:41
08. Sub City [alternate take] (Bud Powell) 2:36

[CD Bonus Tracks]
09. John’s Abbey [alternate take] (Bud Powell) 2:25

Bud Powell (p) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (ds)
May 24, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
続きを読む BN1598 Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note)

「ブルーノート・ザ・ファイネスト1100」第2回発売

ブルーノート・ザ・ファイネスト1100 (Blue Note The Finest 1100)の第2回発売分として、7月1日に50タイトルが発売されました。

201506 – Blue Note The Finest 1100
ブルーノート・ザ・ファイネスト1100 (Blue Note The Finest 1100)

ブルーノート・ザ・ファイネスト1100


MEMO

・ブルーノートの人気盤をお求めやすい価格1枚1,100円でお届けするシリーズ!
・名盤からレア・グルーヴ盤まで全100タイトルを発売。

「ブルーノート・ザ・マスターワークスシリーズ」と共に、ブルーノートの最強カタログシリーズ(2015年6月現在)です。

●全100タイトル
●発売日:2015年6月3日50タイトル/7月1日50タイトル
●ALL 1,100円(+税)
●生産限定盤(生産枚数終了、または2015年12月末までの限定出荷商品です)
●再販商品


・第1回発売 2015年6月3日発売 50タイトル [UCCQ-9101]-[UCCQ-9150]
・第2回発売 2015年7月1日発売 50タイトル [UCCQ-9151]-[UCCQ-9200]
続きを読む 「ブルーノート・ザ・ファイネスト1100」第2回発売

ページ追加「ブルーノート・ザ・ファイネスト1100」

ブルーノート・ザ・ファイネスト1100 (Blue Note The Finest 1100)のページを追加しました。
廉価盤シリーズなので、追加曲(ボーナストラック)なし、オリジナルアルバム通りの曲数・曲順での発売です。

201506 – Blue Note The Finest 1100
ブルーノート・ザ・ファイネスト1100 (Blue Note The Finest 1100)

ブルーノート・ザ・ファイネスト1100


MEMO

・ブルーノートの人気盤をお求めやすい価格1枚1,100円でお届けするシリーズ!
・名盤からレア・グルーヴ盤まで全100タイトルを発売。

「ブルーノート・ザ・マスターワークスシリーズ」と共に、ブルーノートの最強カタログシリーズ(2015年6月現在)です。

●全100タイトル
●発売日:2015年6月3日50タイトル/7月1日50タイトル
●ALL 1,100円(+税)
●生産限定盤(生産枚数終了、または2015年12月末までの限定出荷商品です)
●再販商品


・第1回発売 2015年6月3日発売 50タイトル [UCCQ-9101]-[UCCQ-9150]
・第2回発売 2015年7月1日発売 50タイトル [UCCQ-9151]-[UCCQ-9200]
続きを読む ページ追加「ブルーノート・ザ・ファイネスト1100」

ジャズの100枚。第2弾100タイトル・2014年12月3日発売より

「ジャズの100枚。」シリーズ
第2弾100タイトル・2014年12月3日発売より、ブルーノート・レコードからのアルバムのみ抜粋(14枚)。

なお、日本で発売されるブルーノート(Blue Note)CDの低価格・廉価盤シリーズは、常にオリジナルLPフォーマットに準じ、何故か追加曲が収録されませんね。

同時発売されるプレステッジ、リバーサイドなど他レーベルのアルバムには、追加曲が入っているというのに・・・何故でしょうね?ユニバーサルさん。

●UCCU-99074 リー・モーガン / キャンディ[MONO]

キャンディ
続きを読む ジャズの100枚。第2弾100タイトル・2014年12月3日発売より

ジャズの100枚。第1弾100タイトル・2014年10月8日発売より

「ジャズの100枚。」シリーズ
第1弾100タイトル・2014年10月8日発売より、ブルーノート・レコードからのアルバムのみ抜粋(7枚)。

●UCCU-99001 サムシン・エルス / キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス

サムシン・エルス

続きを読む ジャズの100枚。第1弾100タイトル・2014年10月8日発売より

ソニー・クラーク『クール・ストラッティン』のミュージックビデオ。

ユニバーサルさんが、「ジャズの100枚。」シリーズ発売を記念して、美脚ジャケットで有名な、ソニー・クラーク『クール・ストラッティン』をモチーフにしたミュージックビデオを制作した模様です。

クール・ストラッティン

史上初「クール・ストラッティン」MV登場!~解答編「美脚はこの人」 #ジャズの100枚。

田中理恵さん(元体操選手)が出演する「クール・ストラッティン」のメイキング映像は、こちら。

田中理恵 – 「クール・ストラッティン」MVで美脚披露!メイキング

Jimmy Smith – The Complete Sermon Sessions (2CD)[Groove Hut GH 66712]

Jimmy Smith – The Complete Sermon Sessions (2CD)[Groove Hut GH 66712]

THE COMPLETE SERMON SESSIONS

ジャズオルガンの巨人、ジミー・スミス(Jimmy Smith)がブルーノートに残した、豪華メンバー・ジャムセッションを纏めたCD。

以前、別のブログに詳細記事を掲載しましたが、再度。

The Complete Sermon Sessions – Jimmy Smith (Blue Note/Groove Hut)

最初、2枚のアルバムとして分散発売。

・House Party / Jimmy Smith (BN4002)
・The Sermon! / Jimmy Smith (BN4011)

1970年代以降に、マイケルカスクーナが発掘した未発表音源が、次々と発売されました。

・Confirmation / Jimmy Smith (BN-LT-992)
・On The Sunny Side / Jimmy Smith (BN-LT-1092)
・Special Guests / Jimmy Smith (BNJ-50101(Japan))

Jimmy Smith (org) Eddie McFadden (g) Donald Bailey (ds)

上記レギュラーメンバーに、豪華メンバーが加わります。

Lee Morgan (tp) Curtis Fuller (tb) George Coleman (as) Lou Donaldson (as) Tina Brooks (ts) Kenny Burrell (g) Art Blakey (ds)

THE COMPLETE SERMON SESSIONS

●The Complete Sermon Sessions / Jimmy Smith Featuring Lee Morgan & Tina Brooks (2CD)
Groove Hut GH 66712 (EU)

●The Complete Sermon Sessions [Disk 1]

Lee Morgan (tp -1/4,6) Curtis Fuller (tb -2/4) George Coleman (as -1/4) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g -1/3,6) Eddie McFadden (g -4,5) Donald Bailey (ds)
August 25, 1957 at Manhattan Towers, NYC.

01. J.O.S. (Jimmy Smith) 11:58
02. What is This Thing Called Love (C.Porter) 15:17
03. Just Friends (S.Lewis – J.Klenner) 15:19
04. Cherokee (R.Noble) 20:21
05. Little Girl Blue (R.Rodgers – L.Hart) 5:20
06. ‘S Wonderful (G.Gershwin – I.Gershwin) 5:00

●The Complete Sermon Sessions [Disk 2]

Lee Morgan (tp -1) Curtis Fuller (tb) George Coleman (as -2) Jimmy Smith (org) Eddie McFadden (g -2) Donald Bailey (ds)
August 25, 1957 at Manhattan Towers, NYC.

01. The Blue Room (R.Rodgers – L.Hart) 5:33
02. Blues After All (Kenny Burrell) 6:08

Lou Donaldson (as) Jimmy Smith (org) Eddie McFadden (g) Donald Bailey (ds)
February 25, 1958 at Manhattan Towers, NYC.

03. Lover Man (Ramirez – Davis – Sherman) 7:02

Lee Morgan (tp) Lou Donaldson (as -4,5,7) Tina Brooks (ts -4,5,7) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) Art Blakey (ds)
February 25, 1958 at Manhattan Towers, NYC.

04. Confirmation (C.Parker) 10:35
05. Au Privave (C.Parker) 15:11
06. Flamingo (T.Grouya – E.Anderson) 8:03
07. The Sermon (Jimmy Smith) 20:12

参考までに、オリジナルアルバム等は、こんな感じです。

[Disk 1] 3 & [Disk 2] 2,3,5 : House Party / Jimmy Smith [Blue Note BLP-4002(BST-84002)]
House Party

[Disk 1] 1 & [Disk 2] 6,7 : The Sermon! / Jimmy Smith [Blue Note BLP-4011(BST-84011)]
Sermon

[Disk 1] 2,4 & [Disk 2] 4 : Confirmation / Jimmy Smith [Blue Note LT-992]
コンファメーション

[Disk 1] 5 : On The Sunny Side / Jimmy Smith [Blue Note LT-1092]
オン・ザ・サニー・サイド+2

[Disk 1] 6 & [Disk 2] 1 : Special Guests / Jimmy Smith [Blue Note BNJ-50101 (Japan)]

※2014年現在、このLPフォーマットでは、未CD化である模様。

01. Smith Walk
02. Lonesome Road
03. Blue Room


04. ‘S Wonderful
05. Organic Greenery
06. Day In, Day Out