「Rudy Van Gelder」タグアーカイブ

追悼「ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)」


ブルーノート、プレステッジ、インパルスなど、ジャズ系有名レーベルに残された、数々の名盤の録音を担当した名技師、ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)が、2016年8月25日、ニュージャージーの有名な自宅(兼スタジオ)にて亡くなった模様。

まあ、91歳なので、大往生というべきなのか。

THE RVG ALBUM

彼の足跡については「ジャズ批評編集部」が編纂し、2009年12月に株式会社松坂より発行された、「21世紀版ブルーノート・ブック(監修:行方均、マイケル・カスクーナ)」に、「発掘インタビュー:RVGは語る(インタビュアー:行方均)」として掲載されております。

では手元の資料を参考に、ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)の軌跡をざっとご紹介。

まず、ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)が、名エンジニアとして有名になったのは、ブルーノート・レコード(Blue note Records)のオーナー、アルフレッド・ライオン(Alfred Lion)が、1953年1月にサックス奏者ギル・メレ(Gil Melle)の録音を依頼したことから始まります。

ニュージャージー州ハッケンサック(Hackensack, NJ)にあった、自宅の居間を改造した録音スタジオで収録されたこの歴史的録音は、「Gil Melle Quintet/Sextet – New Faces-New Sounds (Blue Note BLP 5020)」に収録されておりますが、現在は入手困難かもしれません。

以降、ブルーノートの録音は、スタジオのみならずジャズクラブでのライブも担当していく事になります。

その直後、アルフレッド・ライオンが新たに依頼した録音エンジニアが居る、という噂を聞きつけた、プレスティッジ・レコード(Prestige Records)のボブ・ワインストック(Bob Weinstock)や、サヴォイ・レコード(Savoy Records)のオジー・カデーナらも、彼に録音を依頼するようになり、ルディ・ヴァン・ゲルダーの録音技師としての仕事が、飛躍的に増える事となります。

トランペットなどの管楽器が生々しく、ドラムなどの打楽器がクリアに聞える独特の音作りは、ジャズファンの間では賛否両論ありますが、「ジャズらしい音」として認識されております。

さて1959年7月、ニュージャージー州イングルウッド・クリフス(Englewood Cliffs, NJ)に引越したルディは、新たな自宅兼スタジオで、録音エンジニアに専念する事となります。

スタジオの建物は、近代建築の三大巨匠の一人、フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright)の弟子、ディヴィッド・ヘンケンが手がけたそうで。

新旧スタジオの音の違いは、日本企画盤「Ike Quebec – From Hackensack To Englewood」で、聞き比べる事が出来る模様(当方、未入手)。

ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)が、ブルーノート・レコードを筆頭とするジャズレコード会社から重用された理由は、最終的にラッカー盤に刻まれる音をイメージしつつ、各工程で音を調整出来た、という事。に尽きます。

蛇足ながら、ジャズの演奏がレコードとなるまでに、いくつもの作業工程が必要です。

1)実際の演奏を「録音」した後、
2)音を(微)調整する「マスタリング」作業を経て、
3)レコードをブレスするスタンパーの元となるラッカー盤を刻む「カッティング」作業。

※にマルチ(多重)録音の場合は1)「録音」の後、各音源をまとめる「ミキシング」作業が必要。

彼に依頼すれば、依頼主がイメージする音を刻んだレコードマズターを作ってくれる・・・と。

インパルス!レコード (Impulse! Records) の超有名盤「至上の愛」も、ヴァン・ゲルダー・スタジオでの録音でしたね。

レコードがCDに変わり、録音技術や機器もデジタル化が進行した1998年、日本の東芝EMIの企画でスタートした、ブルーノートレコードのCD24bitリマスター「RVG Editon」シリーズが大ヒット。

OJC(Original Jazz Classic)シリーズを傘下に擁するコンコード・ミュージック・グループなども追随し、数百枚に渡るRVGリマスターCDが発売されました。

彼の手による、ニューリマスターCDがもう発売されないのかと思うと、悲しい限りでありますが。

【mixcloud】Trumpeter Plays on Blue Note Records volume 1


【mixcloud】へ、ブルーノートレコード(Blue Note Records)の音源で昔作った、自作コンピレーションCDから「DJ Mix」を作成、公開しました。

Trumpeter Plays on Blue Note Records volume 1 [RVGJ-9003] by Kajiakira on Mixcloud

Trumpeter Plays on Blue Note Records volume 1 [RVGJ-9003]
from The Rudy Van Gelder Blue Note 24-bit Remaster Editions.
Selected music in August 18, 2002. / DJ Mixed in April 2, 2015.

01. Tempus Fugit (B.Powell) / Miles Davis [1953.04] 3:47
02. Take Off (M.Davis) / Miles Davis [1954.03] 3:37
03. Double Talk (McGhee-Navarro) / Fats Navarro, Howard McGhee [1948.10] 5:18
04. Jahbero (T.Dameron) / Fats Navarro [1948.09] 2:59
05. Carvin’ The Rock (E.Hope-S.Rollins) / Clifford Brown [1953.06] 3:53
06. I’ll Wind (Koehler-Arlen) / Thad Jones [1957.02] 7:02
07. Beautious (P.Chambers) / J.R.Monterose with Ira Sullivan [1956.10] 5:26
08. Double Whammy (H.Mobley) / H.Mobley with Donald Byrd, Lee Morgan [1956.11] 8:08
09. Fin De L’Affaire (H.Mobley) / H.Mobley with Art Farmer [1957.03] 6:36
10. Double Exposure (H.Mobley) / H.Mobley with Bill Hardman [1957.06] 6:34
11. Tribute To Brownie (D.Pearson) / Louith Smith
12. Move (D.Best) / A.Taylor with Dave Burans [1960.08] 5:46