「bass」カテゴリーアーカイブ

Jazz Variety(ジャズバラエティ)【辻佳孝(pf) 権上康志(b) 清水勇博(ds)】1stミニアルバム

Jazz Variety(ジャズバラエティ)」は、ピアノの辻佳孝(Yoshitaka Tsuji)さん、ベーシストの権上康志(Yasushi Gonjo)さん、ドラムスの清水勇博(Takehiro Shimizu)さんからなるユニット(バンド)。

2018年08月22日(水)、1stミニアルバム「Jazz Variety / ジャズバラエティ」を発売されるそうです。

Jazz Variety / ジャズバラエティ

購入は全国のCDショップ、Amazon等オンラインショップでどうぞ。後半にリンク貼っときます。

さて、何故かいち早く、私の手元にサンプルCDが届けられていたので、発売直前のこの時期に、簡単な感想を書いてみようかと思います。


まず最初にバンド名「Jazz Variety 」の由来から。

米・ニューオリンズで発行される無料音楽情報誌「off BEAT」の記載分類からだそうで。

紙面で3つに分類されたジャズ系ジャンル分けの一つ「Jazz Variety (JV)」を、拝借した模様。

ちなみに残りの二つは「Jazz Contemporary (MJ)」と「Jazz Traditional (TJ)」との事。

由来に関してピアニストの辻さんが「Facebook」上で補足されている言葉を引用しときます。

【「Jazz Variety (JV)」、この言葉を知った時「なんて楽しい印象がする言葉なんだ!!」と、感銘と共感を得て、いつかこの言葉を使って何かしたいと考えておりました。】


アルバムには、バラエティ豊かな5曲が収録されております。

メンバーのオリジナルとしては2曲。

辻さんの「Jazz Variety」は、オスカー・ピーターソン風味の軽快なアップテンポ・ナンバー。

権上さんの「You Thought About Me?」は、叙情感溢れるミディアムテンポの曲・・・。

残る3曲は、有名ジャズ・スタンダードが多いですね・・・。

「Dat Dare」は、ボビー・ティモンズ(Bobby Timmons)作曲のファンキーナンバー。権上康志さんの強力なベースが効果的に感じます。

この演奏を聴いて真っ先に思い出したのは、「Village Vanguard」でのライブ盤「The Bobby Timmons Trio – In Person (Riverside Records ‎RLP 9391)」でした。
ベーシスト、ロン・カーター(Ron Carter)の強烈にファンキーな演奏が聴ける1枚です。

[amazonjs asin=”B01I5BUAPU” locale=”JP” title=”ボビー・ティモンズ・トリオ・イン・パーソン+2″]

スタンダードのメドレー「Medley [All Blues / Summer Time / Mercy Mercy Mercy]」は、有名曲を3曲続けて演奏されております。

まずファンク風味の「All Blues」から始まり、ベースの権上さんがメランコリックにテーマを奏でる「Summer Time」を経て、最後にやや縦ノリ気味でファンキーに演奏される「Mercy Mercy Mercy」へと続きます。

[amazonjs asin=”B01K24FJ3Q” locale=”JP” title=”マーシー・マーシー・マーシー”]

残るニューオリンズトラディショナルらしい「Shine (Ford Dabney)」は、ドラムの清水勇博さんがアルバム最後の曲に相応しく「待ってました!」とばかりに活躍する、はっぴーなアップテンポ・ナンバー。

こんな感じで、ニュー・オリンズ風味満載な、ファンキーな演奏が詰まった1枚でした。


<広報資料より>

ルイ・アームストロングの再来と言われる「Kermit Ruffins」のレギュラーピアニストを長年務めるニューオリンズ在住ピアニスト、辻佳孝。

辻佳孝(pf)

[amazonjs asin=”B00T8SUHRQ” locale=”JP” title=”#imsoneworleans”]


「浜崎航meets松本茜trio」や「ジンジャーブレッドボーイズ」等での活動を経て、現在ニューヨーク在住のベーシスト、権上康志

権上康志

[amazonjs asin=”B00D5YE9SW” locale=”JP” title=”Big Catch”]

[amazonjs asin=”B00IHVIDTE” locale=”JP” title=”ライヴ!!”]


「indigo jam unit」、「西山瞳Parallax」などに参加後、同じくニューヨーク在住のドラマー、清水勇博

清水勇博

[amazonjs asin=”B0161QQBPO” locale=”JP” title=”Lights”]


ピアノトリオ「ジャズバラエティ」の1stミニアルバムは、その名の通り、ジャズ~ファンク~トラッドからコンテンポラリーまであらゆる音楽を丸呑みしたジャズバラエティSHOW!


Jazz Variety / ジャズバラエティ
Open “E” Music JV-001【2018年8月22発売】 ¥1000

Jazz Variety / ジャズバラエティ

01. Jazz Variety (Yoshitaka Tsuji) 4:56
02. Dat Dare (Bobby Timmons) 5:47
03. Medley [All Blues / Summer Time / Mercy Mercy Mercy] 9:12
04. You Thought About Me? (Yasushi Gonjo) 6:25
05. Shine (Ford Dabney) 2:52

Jazz Variety[辻佳孝(pf) 権上康志(b) 清水勇博(ds)]

Febrary 10, 2018 at Nori Naraoka Music Stusio in NYC.
Recording, Mixing, and Mastering : Nori Nakaoka
Designing Cover Jacket : Yoshitaka Tsuji

[amazonjs asin=”B07D2XCJ5L” locale=”JP” title=”ジャズバラエティ”]


なお、8月16日(木)「金沢 もっきりや」を皮切りに、「Jazz Variety Tour 2018」が開催されるようです。

Jazz Variety Tour 2018

“Jazz Variety Tour 2018”

Jazz Variety[辻佳孝(pf) 権上康志(b) 清水勇博(ds)]

 8/16(木)金沢 もっきりや
 8/17(金)名古屋 Mr. Kenny’s
 8/18(土)岡山 インターリュード 【ゲスト:Scott Chadwick(Tp,Vo)】
 8/19(日)山口 ポルシェ

 8/20(月)周南 BAR
 8/21(火)松山 モンク 【ゲスト:マリー大本(Vo)】
 8/22(水)香川 SO NICE
 8/23(木)広島 Lush Life
 8/24(金)姫路 ライラ
 8/25(土)大阪 ロイヤルホース
 8/26(日)心斎橋 BAR voco

※流石に新潟には来ませんよね(苦笑)。


[amazonjs asin=”B00KS0HD34″ locale=”JP” title=”ジャスト・イン・タイム”]

[amazonjs asin=”B01NCNAUJW” locale=”JP” title=”グルーヴ・マーチャント(GROOVE MERCHANT)”]

チャールス・ミンガス「直立猿人(Pithecanthropus erectus)」

今朝の会話の中で、とある曲についての話が出てきたので、解説文もどきをこちらにまとめてみました。

Charles Mingus - Pithecanthropus erectus(直立猿人)

チャールス・ミンガス率いるジャズ・ワークショップが演奏する「Pithecanthropus erectus(直立猿人)」。

チャールス・ミンガスが夢にみた、初めて2足歩行した猿人(ピテカントロプス)の「進化~優越~衰退~滅亡」という過程を、組曲風に1曲にまとめたという風変わりな曲。

前衛的というか、変わってるというか。

まあ、「アメーバ」を題材にした曲作ってた人も居るので、ジャズ界には変人が多いのかもしれませんが。

ジャッキー・マクリーンのフリーキーなトーンは、実は1956年でも披露されていた、という事実に呆然としてしまう訳でございますな。

ユニークな奏法で私も大好きな、相方J.R. モンテローズの怪演も聴き処。

Charles Mingus – Pithecanthropus erectus(直立猿人)
Atlantic LP 1237

Jackie McLean (as) J.R. Monterose (ts)
Mal Waldron (p) Charles Mingus (b) Willie Jones (ds)
Audio-Video Studios, NYC, January 30, 1956

Pithecanthropus Erectus: Evolution / Superiority-Complex / Decline / Destruction

[amazonjs asin=”B00005HDY9″ locale=”JP” title=”直立猿人”]
[amazonjs asin=”B002WBXHXC” locale=”JP” title=”Passions of a Man: the Complete Atlantic Recording”]

ちなみに前述の、ハービー・ニコルズ(Herbie Nichols)の「Amoeba’s Dance」という曲はこんな感じです。
変わったもの大好きな、アルフレッド・ライオンのブルーノートから発売された10インチアルバムから。

[amazonjs asin=”B01I6MJBXU” locale=”JP” title=”Four Classic Albums”]
[amazonjs asin=”B000005HAC” locale=”JP” title=”Complete Blue Note Recordings”]