「trumpet」カテゴリーアーカイブ

実質、サド・ジョーンズ(Thad Jones)名義のアルバム「The Jones Boys (1957)」

「The Jones Boys」というタイトル通り、「Jones」姓のジャズ奏者をあつめ録音された企画モノですが、演奏を聴けば分かる通り、実質的にはサド・ジョーンズ(Thad Jones)のリーダーアルバムです。

Thad Jones - The Jones Boys (1957) back

「Thad Jones – The Jones Boys (1957)」Fresh Sound Records

しかし、各メンバーの経歴を調べると、カウント・ベイシー(Count Basie)楽団に在籍したり、関わった事のあるメンバーが多いのは、面白いですね。

まずピアニストは、サラ・ヴォーンの伴奏で知られるジミー・ジョーンズ(Jimmy Jones)。

個人的には、クインシーが編曲と指揮を担当したヘレン・メリルのアルバム「Helen Merrill with Clifford Brown (EmArcy MG 36006)」が印象深いですね。

その他、いずれもカウント・ベイシー楽団での活動で知られるベーシストのエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)と、ドラマーのジョー・ジョーンズ(“Papa” Jo Jones)

アンサンブルを支えるトランペット奏者として、カウント・ベイシー楽団をはじめ、ビックバンドで活躍したルノー・ジョーンズ(Reunald Jones)

で、最後に忘れちゃいけない、トランペット奏者で作編曲者として有名になる、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)も参加してますよ。

アルバム全編、サド・ジョーンズの流暢なトランペットをお楽しみいただけるアルバムですが、演奏曲目も「Jones」括りな感じですね。

アップテンポな1曲目「The Jones Bash (ad-lib)」で始まり、クインシー編曲によるスモールコンボ風味のアンサンブルが小気味よい9曲目「ジョーンズ嬢には会ったかい(Have You Met Miss Jones?)」で終わる構成もいいです。

「Jones」括りという勢いだけで作った企画モノの印象が強いアルバムですが、さりげに各メンバーの見せ場を作る小粋な編曲を施したり、曲調もバラエティに富む感じで、何も考えていないようで、結構綿密に作られている、いい意味で予想を裏切ってくれる作品です。

あと個人的には、大好きな作編曲者である「クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)」の、つたないながらも味のあるソロを聴く事が出来る点が重要なポイントだったりします。
トランペッターとしての印象は物凄い薄いですが、あのライオネル・ハンプトン楽団でアート・ファーマー、クリフォード・ブラウンらと一緒に演奏してた訳ですからね。


Thad Jones - The Jones Boys (1957)

Thad Jones – The Jones Boys (1957)
Period ‎SPL-1210 / Fresh Sound FSR-754

01. The Jones Bash (ad-lib) 3:24
02. You Leave Me Breathless (Ralph Freed / Frederick Hollander) 5:43
03. No Other Love (Oscar Hammerstein II / Richard Rodgers) 2:58
04. You’ve Changed (Carl Fischer) 4:32
05. Jones Beach (Quincy Jones) 6:09

06. Montego Bay (Jane Feather) 4:27
07. Blues For The Joneses (Thad Jones) 5:00
08. Salute To The Blue Bird (Thad Jones) 5:19
09. Have You Met Miss Jones? (Lorenz Hart / Richard Rodgers / arr by Q. Jones) 5:17

Thad Jones (tp) Jimmy Jones (p) Eddie Jones (b) Jo Jones (ds)
1, 5, 8,9 – Quincy Jones (flugelhorn) Reunald Jones (tp)
1957 in NYC.

Producer – Leonard Feather
Remastered by Joe Tarantino


しかし、ジョーンズ3兄弟の他の2人、兄であるピアニストのハンク・ジョーンズ(Hank Jones)と、弟でドラマーのエルヴィン・ジョーンズ(Elvin Jones)が参加していないというのもまた、不思議な話ですけど契約上の問題とかあったんでしょうかねえ。

トランペットとピアノの二刀流「曽根麻央 – Infinite Creature」 2018

曽根麻央(そねまお)、1991年生まれなので、現在27歳になるのかな。

幼少期にピアノを演奏、8歳からトランペットも演奏する珍しい『二刀流』ジャズミュージシャンです。

さらに、自ら作編曲を行い、トランペットを吹きつつピアノを弾くという、今までありそでなかったユニークなスタイルの若き逸材です。

曽根さんの現在までの経歴も、驚嘆すべきものがあります。

まず2016年、バークリー音楽大学・修士課程の第1期生として首席で卒業。

2014年の「国際セロニアス・モンク・ジャズ・コンペティション」で、セミファイナリストまで進出。

同2014年「国際トランペット協会・ジャズコンペティション」では、1位優勝・・・と、輝かしい経歴ばかりですね。

曽根麻央 MAO SONÈ「インフィニット・クリーチャー INFINITE CREATURE」- IN THE STUDIO

そんな曽根さんが2018年4月、セルフ・プロデュースによる2枚組デビューアルバム「Infinite Creature」を発売しました。

さらに「アコースティック」、「エレクトリック」でそれぞれ違うメンバーを従えた演奏を聴かせてくれます。

CD帯には、『驚異の二刀流(トランペット+ピアノ)大型新人』というキャッチコピーが書かれてますが、作・編曲も秀でてるんで、二刀流どころの話じゃないですよね、これ。

私が最初に曽根麻央さんの存在を知ったのが、2017年年末にオンエアされた、NHKFMジャズ特番『セッション・トゥナイト』です。

「曽根麻央カルテット“Brightness Of The Lives”」として出演する他、「TRUMPET SUMMIT FOR JAZZ CENTENNIAL」で、トランペット奏者として演奏し、楽曲の編曲も担当しており、マルチな才能に、オーディオ装置の前で唖然としてた記憶があります。

しかし、曽根さんの魅力的な演奏もさることながら、司会担当の児山紀芳さんが、大絶賛してたのが印象的でした。

その時、オンエアされた曲で一番のお気に入りだったのが「Japanama」。

なおアルバム「Infinite Creature」を購入したのは、スタジオ録音版「Japanama」聴きたさであったと、言いきっておきます(笑)

トランペットとピアノの二刀流「曽根麻央 - Infinite Creature」


曽根麻央 – Infinite Creature
Pony Canyon PCCY-30248 [2018.04.18]


曽根麻央 – Infinite Creature [Disc 1] Acoustic

01. Within The Moment 7:48
02. Drunk At The Reception 5:18
03. Recollection(from suite “Expressions On The Melody Of Kokiriko”) 4:41
04. Untitled Allegro 4:59
05. George Washington Bridge Blues 5:47
06. Isfahan (D. Ellington / B. Strayhorn) 5:17
07. From The South 5:29

Acoustic Band
曽根麻央 (tp, p, per, voice) 伊藤勇司 (b) 中道みさき(ds)
山田拓斗 (violin -5,7, mandolin -7) 西方正輝 (cello -2,5)


1枚目、アコーステック・バンドのメンバーは、曽根麻央 (tp, p, per, voice) 伊藤勇司 (b) 中道みさき(ds) 何曲かにバイオリンやチェロが入ります。

若干ラテン風味な「Within The Moment」、酒を飲んでやっちまった失敗体験を曲にした「Drunk At The Reception」。

アルバム・バージョンでは、パット・メセニーバンドを彷彿させるヴォイスが混じる組曲「コキリコの調べにおける表現」から「Recollection」。

静と動、そして緩急ついた印象的な「Untitled Allegro」。

セカンドライン (second line)ビートで始まる「George Washington Bridge Blues」。途中、ストリングスが絡むことで、さらなる緊張感が生み出されております。

気だるい雰囲気漂う「Isfahan」は、デューク・エリントン作曲なんですね。

沖縄旋律とブルースを融合させたような「From The South」は、不思議な浮遊感漂う、かつてない曲調の「和ジャズ」かと。

トランペットとピアノの二刀流「曽根麻央 - Infinite Creature」


曽根麻央 – Infinite Creature [Disc 2] Electric

01. Beyond Gravitation 6:04
02. SkyFloor 8:26
03. Introducing #BotLives 3:46
04. Brightness Of The Lives 5:38
05. I Fall In Love Too Easily (J. Styne / S. Cahn) 6:12
06. A Letter 4:18
07. Japanama 8:06

Electric Band
曽根麻央 (tp, flh, p, syn, per, voice) 井上銘 (el-g) 山本連(el-b) 木村紘(ds)


2枚目、エレクトリック・バンドのメンバーは、
曽根麻央 (tp, flh, p, syn, per, voice) 井上銘 (el-g) 山本連(el-b) 木村紘(ds)

80年代マイルスバンドのドラマー、アル・フォスターが叩き出すリズムを彷彿とさせるドラムから始まる、軽快な「Beyond Gravitation」。

ここでの曽根麻央奏でるトランペットは、師匠であるタイガー大越さんのテイストを濃密なまでに、感じさせますね。

バラッド風なイントロで始まる「SkyFloor」。これも私が好きなタイガー大越さんテイストだなあ(笑)。

「Introducing #BotLives」~「Brightness Of The Lives」は、曽根麻央カルテットのテーマソングなんだとか。

フリー・インプロビゼーションを挟んで、「和ジャズ」なテーマメロディが登場。

ハードなドラミングに和なテーマというと、井上鑑さんとか、難波弘之さんの路線を思い出します。

スタンダードナンバーである「I Fall In Love Too Easily」は何故か、マイルス・デイヴィス・バンドの『アガルタ(Agharta)』収録の「麗しのマイシャ」を彷彿とさせるアレンジで演奏されます。

バラッドの「A Letter」は、亡くなった母方の祖母に捧げた曲とのこと。

私のお目当て「Japanama」は、「From The South」の姉妹曲なんだとか。曲名は「Japan」と「Panama」を組み合わせた造語だそうです。

日本とパナマを融合したタイトル通り「和」なテイストと、「ラテン風」なグルーブが混ざり合う摩訶不思議な演奏です。


「Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]」豪華メンバーのエアチェック盤

Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Fats Navarro, Charlie Parker - Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

 「Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen」と名付けされた、ラジオ放送用のバンドによる1947年11月のスタジオ生放送エアチェック盤。

 手持ちのレコードをデジタル化したものですが、このアルバム自体は、CD化されていないようですね。

 バンド名は何故かジャズ評論家「バリー・ウラノフ(Barry Ulanov)」名義ですが、演奏メンバーは超豪華。

 ビバップ創始者の一人「チャーリー・パーカー(Charlie Parker)」、早世の天才トランペット奏者「ファッツ・ナバロ (Fats Navarro)」に加え、ドラムが「バディ・リッチ(Buddy Rich)」、ヴォーカルが「サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)」という、オールスター・メンバーによる豪華すぎる演奏です。

 ピアノが盲目の白人で、後に独自のクール・スタイルを確立した「レニー・トリスターノ(Lennie Tristano)」だというのも興味深いですね。

 ビバップ時代の名曲を、メインソロイストが入れ替わる感じで演奏してます。ヴォーカルのサラ・ヴォーンは「Everything I Have is Yours」のみ登場。

 ビバップ創始者の一人、ディジー・ガレスピーが参加せず、ファッツ・ナバロがトランペットで参加しても、まあ遜色ないですね。

 ついでに、チャーリー・パーカー、ファッツ・ナバロが共演するアルバム(エアチェック盤)がもう1枚「One Night In Birdland (Columbia JG 34808)」として発売されているので、ご紹介しておきます。


 最後の3曲は「Tadd Dameron and His Orchestra」による、1948年ロイヤル・ルーストでの実況録音。

 ダメロンのバンドなのに、ファッツ・ナバロでなく、何故か「アレン・イーガー(Allen Eager)」と「ワーデル・グレイ(Wardell Gray)」 のテナーコンビが、フロントに参加していますね。

 これも、ラジオからのエアチェックだと思われます。

Fats Navarro, Charlie Parker – Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Fats Navarro, Charlie Parker - Anthropoplgy [Spotlite SPJ-108]

Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen

side 1
 01. Announcement – Bruce Elliott 0:13
 02. 52nd Street Theme (T. Monk) 1:28
 03. Introduction – Elliott, Barry Ulanov 0:35
 04. Donna Lee (M. Davis) 2:23

 05. Introduction – Ulanov 0:19
 06. Everything I Have is Yours (B. Lane-H. Adamson) 2:43

 07. Introduction – Barry Ulanov 0:24
 08. Fats Flats [Hot House] (T. Dameron) 2:26

 09. Introduction – Ulanov 0:18
 10. Tea for Two (V. Youmans-I. Caesar) 2:22

 11. Introduction – Ulanov 0:23
 12. Don’t Blame Me (D. Fields-J. McHugh) 2:49

side 2
 13. Introduction – Ulanov 0:24
 14. Groovin’ High (D. Gillespie-F. Paparelli) 3:11

 15. Ko Ko (C. Parker) 5:40
 16. Anthropology (D. Gillespie-C. Parker) 0:37

Tadd Dameron and His Orchestra

 17. Now’s The Time (Charlie Parker) 3:38
 18. Lady Be Good (George / Ira Gershwin) 3:22
 19. Just You, Just Me (Jesse Greer / Raymond Klages) 4:13

Barry Ulanov and His All-Star Metronome Jazzmen

Charlie Parker (as) Fats Navarro (tp) John La Porta (cl) Allen Eager (ts)
Lennie Tristano (p) Billy Bauer (g) Tommy Potter (b) Buddy Rich (ds)
Sarah Vaughan (vo) Bruce Elliott (ann) Barry Ulanov (ann)

November 8, 1947 at WOR Mutual Studio, NYC. radio broadcast

Tadd Dameron and His Orchestra

Allen Eager (ts) Wardell Gray (ts)
Tadd Dameron (p) Curly Russell (b) Kenny Clarke (ds)

August – September, 1948 at Royal Roost, NYC. radio broadcast


「Tadd Dameron – Anthropology (Vee Jay/Fun House)」ファッツ・ナバロの名演奏を楽しむ

Tadd Dameron – Anthropology Vee Jay / Fun House 20YB-7014 (1988)

Tadd Dameron - Anthropology (Vee Jay/Fun House)

 「ヴィー・ジェイ・レコード(Vee Jay)」なんだけど多分、日本企画(ファンハウス)の発掘盤。

 ビバップ時代から作編曲者として活躍する「タッド・ダメロン(Tadd Dameron)」バンドの、ロイヤル・ルーストでのライブ録音。

 元々AMラジオでオンエアされたエアチェック音源らしく、ラジオ・アナウンサーの声が所々入ります。

 リーダー格のタッド・ダメロンの他、早逝した天才トランペット「ファッツ・ナバロ(Fats Navarro)」、白人テナーの名手「アレン・イーガー(Allen Eager)」、ヴィブラフォンの「ミルト・ジャクソン(Milt Jackson)」など、バップ時代に活躍した素晴らしいメンバー達の演奏を堪能出来るアルバムです。

 今まで、CD化された同時期の録音「Fats Navarro ‎– Featured With The Tadd Dameron Band (Milestone Records)」だけを延々聴いていて、CD化されてないこのレコードはレコード棚に放置してたのですが、デジタル化してあらためてデータ確認してみると、録音日とか収録曲が違うらしい(汗)。

 いろいろと記録を調べると、タッド・ダメロンのバンドは、「ロイヤル・ルースト(Royal Roost)」というジャズクラブで長期に渡りレギュラーで演奏していたらしい上に、ラジオで生放送されていたみたいなので、エアチェックされたテープが、次々と発掘されても不思議ではないのかなー。

 また、「Fats Navarro Featured With Tadd Dameron’s Band-Royal Roost Sessions 1948 (Fresh Sound Records ‎FSR-CD 171)」というアルバムの他、何枚かCD化されてる音源があるようですが現在、入手困難なのかな?

 私の場合、もちろん「ファッツ・ナバロ(Fats Navarro)」目当てで購入したのですが、10曲中最後の3曲にはファッツ・ナバロが参加してません(泣)。

 その3曲には、代打としてトロンボーンの「カイ・ウィンディング(Kai Winding)」が参加してます。

 なおファッツ・ナバロが参加した演奏曲目は、ブルーノート・レコードに残されたスタジオ録音でも堪能することが出来ます。

Tadd Dameron – Anthropology (1948)

Vee Jay / Fun House 20YB-7014 (1988)

Tadd Dameron - Anthropology (Vee Jay/Fun House)

side 1
 01. Good Bait (Dameron) 5:32
 02. The Squirrel (Dameron) 3:45
 03. Symphonette (Erickson) 4:09

 04. Tadd Walk (Dameron) 4:29
 05. Dameronia (Dameron) 5:10

side 2
 06. Anthropology (Parker, Gillespie, Bishop Jr) 4:49
 07. Our Delight (Dameron) 4:03

 08. The Chase (Dameron) 4:10
 09. Wa Hoo (Friend) 5:14
 10. Lady Be Good (Gershwin) 5:06

Fats Navarro (tp) Kai Winding (tb) Rudy Williams (as) Allen Eager (ts) Milt Jackson (vib)
Tadd Dameron (p) Curly Russell (b) Kenny Clarke (ds)

September 4, October 2, 9, 16, 30, 1948 at The Royal Roost, NYC.

 蛇足だが、独創的なジャケットイラストは、作者名「Hirosuke Ueno」と書かれているので、「上野宏介(ウエノ★アモーレ★ヒロスケ)」さんで、合っているのだろうか?あとで誰か詳しく調べなきゃ。


「Fats Navarro ‎– Featured With The Tadd Dameron Band [Milestone Records MCD 470412]」

「Pepper Adams – 10 To 4 At The 5 Spot (Riverside)」メトロノームの音が耳に残るラフなライブ録音

Pepper Adams – 10 To 4 At The 5 Spot Riverside RLP 12-265 / OJC-031

 自宅レコード・デジタル化作業のついでに、作業が完了したアルバムから順次、ご紹介しております。

Pepper Adams - 10 To 4 At The 5 Spot (Riverside)

 セロニアス・モンク、ケニー・バレル、エリック・ドルフィーなど、数々の有名ミュージシャンがライブ盤を録音している、ニューヨークのファイブ・スポット・カフェ(Five Spot Cafe)。


 バード、アダムスのコンビは、ブルーノート・レコード(Blue Note Records)を中心に、数多くの名演奏を残しておりますが、本アルバムは契約上の関係か「ペッパー・アダムス(Pepper Adams)」のリーダー名義になってます。

 ただ、実質的には「ドナルド・バード(Donald Byrd)」との双頭コンボですね。

 そして、「実況ライブ盤」という称号がこれほど相応しいレコードもないかと。まあ、ラフすぎるというか、臨場感溢れるライブ録音です(笑)。

 まず、何度聴いても印象に残るのは、演奏途中に聴こえてくる「メトロノームの音」。ベースソロなんかの途中にカッチ、カッチと聴こえてくると、やたら気になります(笑)。
 おまけにラスト前には、演奏間のチューニング風景までアルバムに入ってたり・・・。

 演奏を支えるリズム隊には、豪華かつ珍しいメンバーが揃ってますね。

 ピアノは、ファンキーな演奏で人気の「ボビー・ティモンズ(Bobby Timmons)」。

 ちなみにこの年、ベニー・ゴルソンにスカウトされ、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズに入団。半年後の1958年10月に、名盤「Moanin’」を録音することになります。

 ドラムスは、エルヴィン3兄弟の「エルヴィン・ジョーンズ(Elvin Jones)」。

 2年半後の1960年10月、アルバム「Coltrane Jazz (Atlantic LP 1354)」より「ジョン・コルトレーン(John Coltrane)」バンドの録音に参加してますね。

 以下、演奏曲をざっと紹介しておきます。

 1曲目は、サド・ジョーンズ作曲の「’Tis (theme) (Thad Jones) 」。エルヴィンの煽るような重厚なドラムにのり、アダムスのナイフとあだ名されるドスの効いたバリトンが炸裂します。

 2曲目は、バラッドの「You’re My Thrill (Clare-Gorney) 」。アダムスがワンホーンで、抑制の効いたソロを聴かせてくれます。

 3曲目は、ドナルド・バードが作曲した「The Long Two/Four (Donald Byrd) 」。エルヴィンが叩き出すマーチ風と4ビートが交差するリズムにのり、各メンバーの勢いあるファンキーなソロが続きます。

 なお、この曲は後日「Off To The Races 」と改題され、ブルーノートでスタジオ録音されてますね。

 以降、レコードだとB面になります。

 4曲目は、ファンキーな「Hastings Street Bounce (trad / arr by P. Adams) 」。ミディアム・テンポでファンキーなバッキングにのせ、軽快なソロが続きます。

 ラストは、ドナルド・バード作曲のバラッド「Yourna (Donald Byrd)」。

ゴリゴリ吹きまくるアダムスに続き、バラッドの名手・バードのリリカルなソロが続きます。ティモンズのブロック・コード中心のソロもいいですね。

Pepper Adams – 10 To 4 At The 5 Spot (1958)

Riverside RLP 12-265/RLP 1104 / OJC-031

Pepper Adams - 10 To 4 At The 5 Spot (Riverside)

side 1
01. ‘Tis (theme) (Thad Jones) 5:52
02. You’re My Thrill (Clare-Gorney) 5:04
03. The Long Two/Four (Donald Byrd) 10:41

side 2
04. Hastings Street Bounce (trad / arr by P. Adams) 11:20
05. Band Tuning 0:18
06. Yourna (Donald Byrd) 6:39

Donald Byrd (tp) Pepper Adams (bs)
Bobby Timmons (p) Doug Watkins (b) Elvin Jones (ds)

April 15, 1958 at The Five Spot Cafe, NYC.


 最後にブルーノートに残された、バード、アダムスのコンビによるアルバムを少し紹介しておきます。