BN1513 Thad Jones – Detroit-New York Junction (Blue Note)


Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513

サド・ジョーンズのブルーノート第1弾は、ケニー・バレル(g)、トミー・フラナガン(p)らデトロイト出身の豪華メンバーを揃えた録音。
当時在籍していたカウント・ベイシー楽団の大名盤『April In Paris / Count Basie and His Orchestra (Verve V6-8012)』は、同時期の録音です。

サド・ジョーンズ(Thad Jones)は、有名な「ジョーンズ3兄弟」の真ん中でありますね。
ちなみに、兄の方はハンク・ジョーンズ(p)、弟はエルヴィン・ジョーンズ(ds)です。

また作編曲もこなすサド・ジョーンズ、他のブルーノート録音で例えると・・・・。

ファッツ・ナヴァロ(Fats Navarro)とタッド・ダメロン(Tadd Dameron)の名コンビを一人で兼ねている感じですか。

とりあえずアルバム、『The Fabulous Fats Navarro(BN1531/1532)』を参照下さい。
シャドウ・ウィルソン(Shadow Wilson)が参加する1947年9月の録音を聴けば、納得いただけると思います。

本アルバム最後の収録曲「Zec」では、ファッツ・ナバロ直系のモダンなフレーズをお楽しみいただけます。

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP1513

01. Blue Room (Thad Jones) 6:44
02. Tariff (Thad Jones) 5:33
03. Little Girl Blue (Rodgers-Hart) * 2:48

04. Scratch (Thad Jones) 10:26
05. Zec (Thad Jones) 8:46

Thad Jones (tp) Billy Mitchell (ts -omit *) Kenny Burrell (g)
Tommy Flanagan (p -omit *1) Oscar Pettiford (b) Shadow Wilson (ds -omit *)
March 13, 1956 at Audio-Video Studios, NYC.
続きを読む BN1513 Thad Jones – Detroit-New York Junction (Blue Note)

BN1598 Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note)


Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note BLP 1598)

Bud Powell - The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note BLP 1598)

この「タイム・ウェイツ ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.4」、バド・パウエルのブルーノート作品中、比較的地味な印象がある作品です。

聴かない理由は、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)の派手過ぎるドラム。
あのパワフルなドラムが五月蝿すぎ、パウエルの雰囲気で聴かせるピアノに集中出来ないからなあ。

パウエル自身もそう感じていたらしく、次作の大人気盤「The Scene Changes / The Amazing Bud Powell Vol.5」
の録音では、ドラマーのアート・テイラー(Art Taylor)に「シンバル禁止!」、「ブラシだけで演奏しろ!」と、言ったとか言わないとか・・・・。

●The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 / Bud Powell Blue Note BLP 1598

01. Buster Rides Again (Bud Powell) 5:30
02. Sub City (Bud Powell) 4:32
03. Time Waits (Bud Powell) 5:06
04. Marmalade (Bud Powell) 4:28

05. Monopoly (Bud Powell) 4:47
06. John’s Abbey (Bud Powell) 5:36
07. Dry Soul (Bud Powell) 6:41
08. Sub City [alternate take] (Bud Powell) 2:36

[CD Bonus Tracks]
09. John’s Abbey [alternate take] (Bud Powell) 2:25

Bud Powell (p) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (ds)
May 24, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
続きを読む BN1598 Bud Powell – The Time Waits The Amazing Bud Powell, Volume 4 (Blue Note)