Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513

BN1513 Thad Jones – Detroit-New York Junction (Blue Note)


Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513

サド・ジョーンズのブルーノート第1弾は、ケニー・バレル(g)、トミー・フラナガン(p)らデトロイト出身の豪華メンバーを揃えた録音。
当時在籍していたカウント・ベイシー楽団の大名盤『April In Paris / Count Basie and His Orchestra (Verve V6-8012)』は、同時期の録音です。

サド・ジョーンズ(Thad Jones)は、有名な「ジョーンズ3兄弟」の真ん中でありますね。
ちなみに、兄の方はハンク・ジョーンズ(p)、弟はエルヴィン・ジョーンズ(ds)です。

また作編曲もこなすサド・ジョーンズ、他のブルーノート録音で例えると・・・・。

ファッツ・ナヴァロ(Fats Navarro)とタッド・ダメロン(Tadd Dameron)の名コンビを一人で兼ねている感じですか。

とりあえずアルバム、『The Fabulous Fats Navarro(BN1531/1532)』を参照下さい。
シャドウ・ウィルソン(Shadow Wilson)が参加する1947年9月の録音を聴けば、納得いただけると思います。

本アルバム最後の収録曲「Zec」では、ファッツ・ナバロ直系のモダンなフレーズをお楽しみいただけます。

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP1513

01. Blue Room (Thad Jones) 6:44
02. Tariff (Thad Jones) 5:33
03. Little Girl Blue (Rodgers-Hart) * 2:48

04. Scratch (Thad Jones) 10:26
05. Zec (Thad Jones) 8:46

Thad Jones (tp) Billy Mitchell (ts -omit *) Kenny Burrell (g)
Tommy Flanagan (p -omit *1) Oscar Pettiford (b) Shadow Wilson (ds -omit *)
March 13, 1956 at Audio-Video Studios, NYC.

Detroit-New York Junction / Thad Jones Blue Note BLP 1513 back

1曲目、「Blue Room」は、ゆったりとしたテンポで演奏される寛いだ曲。
サド・ジョーンズのふくよかなトランペットの音色に癒されます・・・・。

2曲目、「Tariff」は、アップテンポの歯切れ良い曲。
3曲目、「Little Girl Blue」は、ケニー・バレル(g)とオスカー・ペティフォード(b)だけをバックに演奏されるバラッド。
サド・ジョーンズの奏でる暖かなトランペットの音色と、ケニー・バレルのギターがうまくブレンドされてます。

ここからLPでは、B面になります。

4曲目「Scratch」は、ビック・バンド風の落ち着いた感じの曲。  ソロ最初に登場するサド・ジョーンズ、最初から16分音符を多用したファッツ・ナバロを連想させるモダンなフレーズを聴かせてくれます。

アルバムラスト5曲目の「Zec」は、アップテンポのうきうきするような1曲。
節々に、ファッツ・ナバロそっくりのフレーズが登場するのが嬉しい所。

出来れば、こんな感じでもっとコンボ編成の録音残して欲しかったなあ・・・そう思わせるアルバムであります。

(01)【Original LP Fromat (Track List)】

・TOCJ-1513 Detroit – New York Junction / Thad Jones (1995/07/26)
・TOCJ-9127 Detroit – New York Junction / Thad Jones (RVG) (1999/08/25)
・TOCJ-6521 Detroit – New York Junction / Thad Jones (BN決定盤1500 24bit) (2005/07/21)
・TOCJ-7171 Detroit – New York Junction / Thad Jones (RVG) (2009/11/26)

・TYCJ-81048 Detroit – New York Junction / Thad Jones (SHM-CD) (2013/11/20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*