「Blue Note」タグアーカイブ

【Mixcloud】Mt.Fuji Jazz Festival 1987(1) with Blue Note

「Mt.Fuji Jazz Festival with Blue Note」というライブイベントは、他有名フェスティバル同様、TV放映とFM生中継が入るという豪華なものでした。

近年、TV放映された映像は、動画投稿サイトに大量にアップされておりますが、FM音源に関しては、なかなか出会う事もなく、時が過ぎ去っていきました。

そんな訳で、自分所有の音源を、自家リマスターしたものを、試しにアップしてみます。

今回は、ラジオっぽく、ジングルも自作してみました(笑)。

Mt.Fuji Jazz Festival 1987(1) with Blue Note from FM broadcast Air Check

/////////////////////////////////////////////
00:00 01. mfjf-jingle(Abdallah-15s)

/////////////////////////////////////////////
00:15 02. Samba Larue / O.T.B. 10:38
10:52 03. Inside Track / O.T.B. 7:40
18:32 04. Alone Alone And Alone / O.T.B. + Hino 7:06

O.T.B. meets Terumasa Hino
Michael Philip Mossman(tp) Steve Willson(as) Ralph Bowen(ts)
Renee Rosnes(p) Kenny Davis(b) Ralph Peterson(ds)
+ Terumasa Hino(cor)
August 29,1987 (Sat) 1st Set/2nd Day

ピアノがハリー・ピケンズからリニー・ロスネスに交代したO.T.B.、ゲストに日野皓正さんが参加するセット。
手元にある全曲お聴かせしたい処ですが、そこは我慢(笑)。
「Samba Larue」はラルフ・ピーターソンが脱退した後、3枚目のアルバムに収録されておりますが、やはりやんちゃ坊主全開のラルフがドラムでなきゃあ・・・ね。


/////////////////////////////////////////////
25:38 05. mfjf-jingle(nostalgia-15s)

/////////////////////////////////////////////
25:48 06. Saturday & Sunday / Grachan Moncur Sextet 13:22

Grachan Moncur Sextet featuring Tony Williams
Woody Shaw(tp) Grachan Moncur III(tb) James Spaulding(as)
Bobby Hutchurson(vib) Ron Carter(b) Tony Williams(ds)
August 29,1987 (Sat) 2nd Set/2nd Day

「One Step Beyond / Jackie McLean (Blue Note BST 84137)」に収録された曲を中心に演奏するセットだったのですが、肝心のジャッキー・マクリーンが急遽、来日出来なくなるというアクシデントに見舞われたようで。
ジャッキーの代わりに、フレディ・ハバードとの共演でお馴染み、ジェームス・スポウルディング(James Spaulding)が参加。フリーキーなトーンで演奏を盛り上げておりました。

ブルーノート・新主流派の作品群でお馴染みのボビー、ロン、トニーというリズム隊に加え、何故かトランペットのウディ・ショウ(Woody Shaw)が参加。
ウディの陰影の濃く熱いソロが、このバンド、最大の聴き処だったりします。

/////////////////////////////////////////////
39:10 07. I’ve Got It Bad(And That Ain’t Good) / Dianne Reeves & Billy Childs 7:50
47:00 08. Love For Sale / Dianne Reeves +OTB trio 5:53
52:53 09. What Is This Thing Called Love / James Spaulding & Freddie Hubbard +OTB trio 21:04

Jam Session #2
Dianne Reeves(vo) Billy Childs(p) Kenny Davis(b) Ralph Peterson(ds)
Freddie Hubbard(tp) James Spaulding(as) Renee Rosnes(p)
August 29,1987 (Sat) Night Stage at Hotel Mt. Fuji

マイケル・カスクーナが司会進行を勤める「ジャムセッション」では、大型新人としてダイアン・リーブス(Dianne Reeves)が登場。
途中、O.T.B.のラルフ・ピーターソンらを加え、迫力あるステージを繰り広げております。

引き続き、O.T.B.のリズム隊をバックに、ジェームス・スポウルディング(James Spaulding)が「恋とは何でしょう(What Is This Thing Called Love)」を演奏。
途中から、お祭り男の異名を持つ、フレディ・ハバード(Freddie Hubbard)が加わり、ここにはアップしてませんが、自作曲「Hub-tones」も演奏してました。
その後、大物ミュージシャンが続々登場したようですが、詳細は不明なんです。



/////////////////////////////////////////////
73:56 10. mfjf-jingle(Abdallah-30s)

【mixcloud】Bud Powell – The Amazing Bud Powell

1年ぶりくらいになりますかね・・・「Mixcloud」へ、昔作った自作コンピレーションCDの音源をミックスし直して、アップしてみました。

今回のCDテーマは、バド・パウエル(Bud Powell)。
CDに書かれた文字を確認すると、2003年に編集したものですね。

元音源は、いつも通り「24bit Remasterd by RVG」です。
先日亡くなった名エンジニア、ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)への追悼の意を込めて。

【mixcloud】Bud Powell – The Amazing Bud Powell [RVGJ-9501]

00:00 01. Un Poco Loco
04:43 02. A Night In Tunisia
08:54 03. Parisian Thoroughfare
12:18 04. Wail
15:19 05. 52nd Street Theme
18:05 06. Ornithology
20:26 07. Reets And I
22:54 08. Collard Greens And Black-Eye Peas
25:54 09. Glass Enclosure
28:16 10. Blue Pearl
32:02 11. Bud On Buch
34:33 12. Buster Rides Again
40:02 13. Marmalade
44:30 14. John’s Abby
50:08 15. Cleopatra’s Dream
54:32 16. Duid Deed
59:39 17. Crossin’ The Channel
63:07 18. Comin’ Up





BN4140 Joe Henderson – Page One (Blue Note)

Joe Henderson – Page One Blue Note BST-84140

Page One / Joe Henderson Blue Note BST-84140

大好きなアルバム。
このCDを聴いていると、部屋の温度が2度位下がるような、爽やかな雰囲気に包まれます。

共演するケニー・ドーハム(Kenny Dorham)は、自作曲2曲(「BLUE BOSSA」、「LA MESHA」)に加え、ジャケット裏の解説まで担当する力の入れよう。

いろいろ書物(何かは失念!)を読んでいると、おもしろい経緯が分かりました。

最初は何と、ジョー・ヘンダーソンがケニーの演奏に惚れ込み、ケニーと同じように演奏したくて練習を重ね、遂には弟子入りを果たしたようなのです。

この辺りは、マイルス・デイヴィス(Miles Davis)がチャーリー・パーカー(Charlie Parker)に惚れ込み、弟子入りした経緯と同じようですね。

つまり、ジョー・ヘンダーソンの電磁波パルスの様に予測不可能な演奏のルーツには、ケニーの演奏も混じっているという事になります。

ジョー自身のインタビュー(出所は失念)では、
「(共演時には、)息継ぎからアクセントのつけ方まで、そっくりに吹くことが出来た。」
というお話を読んだことがあります。

・・・なんだかこの辺りは、クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)と、ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)の関係に似ていますね。

そうして様々なスタイルを身に付けたジョーさんの事を、『ジャズのあらゆるスタイルが含まれている』を評するサックス奏者がいる程です(誰かは失念)。

●Page One / Joe Henderson Blue Note BST-84140

01. Blue Bossa (Kenny Dorham) 8:00
02. La Mesha (Kenny Dorham) 9:06
03. Homestretch (Joe Henderson) 4:12

04. Recorda Me (Joe Henderson) 5:59
05. Jinrikisha (Joe Henderson) 7:22
06. Out of the Night (Joe Henderson) 7:23

Kenny Dorham (tp) Joe Henderson (ts)
McCoy Tyner (p) Butch Warren (b) Pete LaRoca (ds)

June 3, 1963 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

続きを読む BN4140 Joe Henderson – Page One (Blue Note)

BN4009 Bud Powell – The Scene Changes The Amazing Bud Powell, Vol. 5 (Blue Note)

The Scene Changes – The Amazing Bud Powell, Vol. 5 / Bud Powell Blue Note BST-84009

The Amazing Bud Powell, Vol. 5 - THE SCENE CHANGES - BUD POWELL Blue Note BST-84009

『ザ・シーン・チェンジズ』は、渡欧直前のバド・パウエルがブルーノートに残した最後のリーダー・アルバムです。

日本人が好みそうなマイナー・キーの曲中心で、全曲バド・パウエルのオリジナル。

ドラムのアート・テイラー(Art Taylor)はリーダーからステック禁止(笑)を言い渡され、ブラシだけでリズムを刻んでおります。
・・・理由は、前作『タイム・ウェイツ(1598)』においてドラムスのフィリー・ジョー・ジョーンズが叩き過ぎ(笑)て五月蝿かったため、と噂されております。

録音の背景はともかく(笑)、ほぼ同じモチーフを用いたと思われる曲が集められたこのアルバム、疲れた心を癒すには最適なアルバムの一枚ではないか?と思います。

The Amazing Bud Powell, Vol. 5 – THE SCENE CHANGES / BUD POWELL Blue Note BST-84009

01. Cleopatra’s Dream (Bud Powell) 4:22
02. Duid Deed (Bud Powell) 5:07
03. Down with It (Bud Powell) 4:00
04. Danceland (Bud Powell) 3:42
05. Borderick (Bud Powell) 1:59

06. Crossin’ the Channel (Bud Powell) 3:30
07. Comin’ Up (Bud Powell) 7:57
08. Gettin’ There (Bud Powell) 5:04
09. The Scene Changes (Bud Powell) 4:02

[CD Bonus Tracks]
10. Comin’ Up [alternate take] 5:26

Bud Powell (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
December 29, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.
続きを読む BN4009 Bud Powell – The Scene Changes The Amazing Bud Powell, Vol. 5 (Blue Note)

Blue Note CD Super 50 (1986) – CD Index – BN Number

Blue Note CD Super 50 series – CD Index – Original BN Record Number

Blue Note CD Super 50 series Toshiba EMI [CP32-5201]-[CP32-5250]

◎BN CD Super 50 from Blue Note 1500 series
◎BN CD Super 50 from Blue Note 4000 series
◎BN CD Super 50 from Blue Note 4100 series
◎BN CD Super 50 from Blue Note 4200 series
◎BN CD Super 50 from Blue Note 4300 series

Blue Note Super CD 50 logo


◎BN CD Super 50 from Blue Note 1500 series

[BN1501/BN1502]★CP32-5221 Miles Davis All Stars Volume 1 / Mlis Davis (1986/7/23)
[BN1501/BN1502]★CP32-5222 Miles Davis All Stars Volume 2 / Mlis Davis (1986/7/23)
[BN1503]★CP32-5241 Complete Amazing Bud Powell / Bud Powell (1986/8/20)
[BN1507]★CP32-5242 Complete Cafe Bohemia Volume 1 / The Jazz Messengers (1986/8/20)
[BN1508]★CP32-5243 Complete Cafe Bohemia Volume 2 / The Jazz Messengers (1986/8/20)
[BN1518]・CP32-5223 Horace Silver & The Jazz Messengers (1986/7/23)
[BN1521]★CP32-5201 Complete Birdland Volume 1 / Art Blakey (1986/6/25)
[BN1522]★CP32-5202 Complete Birdland Volume 2 / Art Blakey (1986/6/25)
[BN1526]★CP32-5244 Clifford Brown Memorial Album + 2 / Clifford Brown (1986/8/20)
[BN1569]★CP32-5203 Bass On Top + 1 / Paul Chambers (1986/6/25)
[BN1577]・CP32-5231 Blue Train / John Coltrane (1986/8/22)
[BN1579]★CP32-5204 Sonny Clark Trio + 3 / Sonny Clark (1986/6/25)
[BN1581/BNLA475-H2]★CP32-5224 Complete Village Vanguard Volume 1 / Sonny Rollins (1986/7/23)
[BN1581/BNLA475-H2]★CP32-5225 Complete Village Vanguard Volume 2 / Sonny Rollins (1986/7/23)
[BN1588]★CP32-5245 Cool Struttin’ + 2 / Sonny Clark (1986/8/20)
[BN1590]★CP32-5226 Stereo Candy + 1 / Lee Morgan (1986/7/23)
[BN1593]・CP32-5232 Blue Walk / Lou Donaldson (1986/8/22)
[BN1595]★CP32-5205 Somethin’ Else + 1 / Cannonball Adderley (1986/6/25)
[BN1600]★CP32-5206 Introducing The Three Sounds + 6 / The Three Sounds (1986/6/25)


◎BN CD Super 50 from Blue Note 4000 series

[BN4003]★CP32-5233 Moanin’ + 1 / Art Blakey & The Jazz Messengers (1986/8/22)
[BN4009]★CP32-5207 The Scene Changes + 1 / Bud Powell (1986/6/25)
[BN4017]★CP32-5246 Blowin’ The Blues Away + 1 / Horace Silver (1986/8/20)
[BN4026]・CP32-5208 Fuego / Donald Byrd (1986/6/25)
[BN4031]・CP32-5234 Soul Station / Hank Mobley (1986/8/22)
[BN4049]・CP32-5227 A Night In Tunisia / Art Blakey & The Jazz Messengers (1986/7/23)
[BN4057]★CP32-5247 Blue Hour/ Stanley Turrentine with The Three Sounds (1986/8/20)
[BN4090]・CP32-5209 Mosaic / Art Blakey & The Jazz Messengers (1986/6/25)


◎BN CD Super 50 from Blue Note 4100 series

[BN4106]・CP32-5235 Let Freedom Ring / Jackie McLean (1986/8/22)
[BN4109]・CP32-5228 Takin’ Off / Herbie Hancock (1986/7/23)
[BN4112]・CP32-5248 Go / Dexter Gordon (1986/8/20)
[BN4115]・CP32-5210 Hub-Tones / Freddie Hubbard (1986/6/25)
[BN4123]★CP32-5229 Midnight Blue + 2 / Kenny Burrell (1986/7/23)
[BN4127]★CP32-5249 Una Mas + 1 / Kenny Dorham (1986/8/20)
[BN4146]★CP32-5230 Our Man In Paris + 2 / Dexter Gordon (1986/7/23)
[BN4157]・CP32-5236 The Sidewinder / Lee Morgan (1986/8/22)
[BN4163]・CP32-5211 Out To Lunch / Eric Dolphy (1986/6/25)
[BN4166]・CP32-5212 In ‘n Out / Joe Henderson (1986/6/25)
[BN4182]★CP32-5250 Juju / Wayne Shorter (1986/8/20)
[BN4185]★CP32-5213 Song For My Father + 4 / Horace Silver (1986/6/25)
[BN4194]・CP32-5214 Speak No Evil / Wayne Shorter (1986/6/25)
[BN4195]・CP32-5237 Maiden Voyage / Herbie Hancock (1986/8/22)
[BN4199]★CP32-5215 The Rumproller + 1 / Lee Morgan (1986/6/25)


◎BN CD Super 50 from Blue Note 4200 series

[BN4209]・CP32-5216 Dippin’ / Hank Mobley (1986/6/25)
[BN4216]・CP32-5238 Spring / Tony Williams (1986/8/22)
[BN4231]・CP32-5217 Happenings / Bobby Hutcherson (1986/6/25)
[BN4260]・CP32-5218 Conquistador / Cecil Taylor (1986/6/25)
[BN4264]・CP32-5239 Real McCoy / McCoy Tyner (1986/8/22)
[BN4279]・CP32-5219 Speak Like A Child / Herbie Hancock (1986/6/25)


◎from Blue Note 4300 series

[BN4321]・CP32-5220 The Prisoner / Herbie Hancock (1986/6/25) [BN CD Super 50]
[BN4332]・CP32-5240 Super Nova / Wayne Shorter (1986/8/22)

MEMO

Blue Note CD Super 50 series – CD Index
Blue Note CD Index