kajiakira のすべての投稿

実質、サド・ジョーンズ(Thad Jones)名義のアルバム「The Jones Boys (1957)」

「The Jones Boys」というタイトル通り、「Jones」姓のジャズ奏者をあつめ録音された企画モノですが、演奏を聴けば分かる通り、実質的にはサド・ジョーンズ(Thad Jones)のリーダーアルバムです。

Thad Jones - The Jones Boys (1957) back

「Thad Jones – The Jones Boys (1957)」Fresh Sound Records

しかし、各メンバーの経歴を調べると、カウント・ベイシー(Count Basie)楽団に在籍したり、関わった事のあるメンバーが多いのは、面白いですね。

まずピアニストは、サラ・ヴォーンの伴奏で知られるジミー・ジョーンズ(Jimmy Jones)。

個人的には、クインシーが編曲と指揮を担当したヘレン・メリルのアルバム「Helen Merrill with Clifford Brown (EmArcy MG 36006)」が印象深いですね。

その他、いずれもカウント・ベイシー楽団での活動で知られるベーシストのエディー・ジョーンズ(Eddie Jones)と、ドラマーのジョー・ジョーンズ(“Papa” Jo Jones)

アンサンブルを支えるトランペット奏者として、カウント・ベイシー楽団をはじめ、ビックバンドで活躍したルノー・ジョーンズ(Reunald Jones)

で、最後に忘れちゃいけない、トランペット奏者で作編曲者として有名になる、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)も参加してますよ。

アルバム全編、サド・ジョーンズの流暢なトランペットをお楽しみいただけるアルバムですが、演奏曲目も「Jones」括りな感じですね。

アップテンポな1曲目「The Jones Bash (ad-lib)」で始まり、クインシー編曲によるスモールコンボ風味のアンサンブルが小気味よい9曲目「ジョーンズ嬢には会ったかい(Have You Met Miss Jones?)」で終わる構成もいいです。

「Jones」括りという勢いだけで作った企画モノの印象が強いアルバムですが、さりげに各メンバーの見せ場を作る小粋な編曲を施したり、曲調もバラエティに富む感じで、何も考えていないようで、結構綿密に作られている、いい意味で予想を裏切ってくれる作品です。

あと個人的には、大好きな作編曲者である「クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)」の、つたないながらも味のあるソロを聴く事が出来る点が重要なポイントだったりします。
トランペッターとしての印象は物凄い薄いですが、あのライオネル・ハンプトン楽団でアート・ファーマー、クリフォード・ブラウンらと一緒に演奏してた訳ですからね。


Thad Jones - The Jones Boys (1957)

Thad Jones – The Jones Boys (1957)
Period ‎SPL-1210 / Fresh Sound FSR-754

01. The Jones Bash (ad-lib) 3:24
02. You Leave Me Breathless (Ralph Freed / Frederick Hollander) 5:43
03. No Other Love (Oscar Hammerstein II / Richard Rodgers) 2:58
04. You’ve Changed (Carl Fischer) 4:32
05. Jones Beach (Quincy Jones) 6:09

06. Montego Bay (Jane Feather) 4:27
07. Blues For The Joneses (Thad Jones) 5:00
08. Salute To The Blue Bird (Thad Jones) 5:19
09. Have You Met Miss Jones? (Lorenz Hart / Richard Rodgers / arr by Q. Jones) 5:17

Thad Jones (tp) Jimmy Jones (p) Eddie Jones (b) Jo Jones (ds)
1, 5, 8,9 – Quincy Jones (flugelhorn) Reunald Jones (tp)
1957 in NYC.

Producer – Leonard Feather
Remastered by Joe Tarantino


しかし、ジョーンズ3兄弟の他の2人、兄であるピアニストのハンク・ジョーンズ(Hank Jones)と、弟でドラマーのエルヴィン・ジョーンズ(Elvin Jones)が参加していないというのもまた、不思議な話ですけど契約上の問題とかあったんでしょうかねえ。

Don Friedman – A Day In The City (1961)

白人系叙情派ピアニスト、「ドン・フリードマン(Don Friedman)」の初リーダーアルバム「Don Friedman – A Day In The City (1961)」。

Don Friedman - A Day In The City (1961) back

日本ではアルバム「サークル・ワルツ(Circle Walz)」だけ超有名で、他のアルバムってナニ?おいしいの?といった感じで、中々再発されない1枚です。

他の方が作成したアルバム紹介を読むと、マスターテープの保存状態が良くないため、再発盤のマスター音源は「オリジナルLP」を使用してるとのことらしいですね。

ちなみに、私が所有する輸入盤LP(OJC盤)は、学生時代に古町あたりに細々と営業してた輸入盤屋さんで購入した記憶があります(あいまい)。
そこのマスターが話すOJC盤の評価も強烈だったんですけど、その話は別の機会にでも。

「A Day In The City – Six Jazz Variations On A Theme」というタイトル及びサブタイトルの通り、都会での1日を夜明けから深夜までピアノ・トリオによる「演奏だけで表現」した1枚。

演奏だけで、情景描写を行っていることから「Dawn(夜明け)」や「Midday(正午)」は叙情的、「Rush Hour」や「Sunset(日没)」では突然、現代音楽に近い展開になったりします。


Don Friedman - A Day In The City (1961)

Don Friedman – A Day In The City (1961) – Six Jazz Variations On A Theme
Riverside RLP-9384 / OJC-1775

side 1
01. Dawn(夜明け) 6:05
02. Midday(正午) 5:47
03. Rush Hour(退出時の混雑時間) 6:47

side 2
04. Sunset(日没) 4:50
05. Early Evening(夕方から夜) 5:11
06. Night(夜) 8:01

all selection written by Don Friedman

Don Friedman (p) Chuck Israels (b) Joe Hunt (ds)
June 12, 1961 in NYC.


輸入盤では「サークル・ワルツ」と抱き合わせのCDで発売されましたね。



トランペットとピアノの二刀流「曽根麻央 – Infinite Creature」 2018

曽根麻央(そねまお)、1991年生まれなので、現在27歳になるのかな。

幼少期にピアノを演奏、8歳からトランペットも演奏する珍しい『二刀流』ジャズミュージシャンです。

さらに、自ら作編曲を行い、トランペットを吹きつつピアノを弾くという、今までありそでなかったユニークなスタイルの若き逸材です。

曽根さんの現在までの経歴も、驚嘆すべきものがあります。

まず2016年、バークリー音楽大学・修士課程の第1期生として首席で卒業。

2014年の「国際セロニアス・モンク・ジャズ・コンペティション」で、セミファイナリストまで進出。

同2014年「国際トランペット協会・ジャズコンペティション」では、1位優勝・・・と、輝かしい経歴ばかりですね。

曽根麻央 MAO SONÈ「インフィニット・クリーチャー INFINITE CREATURE」- IN THE STUDIO

そんな曽根さんが2018年4月、セルフ・プロデュースによる2枚組デビューアルバム「Infinite Creature」を発売しました。

さらに「アコースティック」、「エレクトリック」でそれぞれ違うメンバーを従えた演奏を聴かせてくれます。

CD帯には、『驚異の二刀流(トランペット+ピアノ)大型新人』というキャッチコピーが書かれてますが、作・編曲も秀でてるんで、二刀流どころの話じゃないですよね、これ。

私が最初に曽根麻央さんの存在を知ったのが、2017年年末にオンエアされた、NHKFMジャズ特番『セッション・トゥナイト』です。

「曽根麻央カルテット“Brightness Of The Lives”」として出演する他、「TRUMPET SUMMIT FOR JAZZ CENTENNIAL」で、トランペット奏者として演奏し、楽曲の編曲も担当しており、マルチな才能に、オーディオ装置の前で唖然としてた記憶があります。

しかし、曽根さんの魅力的な演奏もさることながら、司会担当の児山紀芳さんが、大絶賛してたのが印象的でした。

その時、オンエアされた曲で一番のお気に入りだったのが「Japanama」。

なおアルバム「Infinite Creature」を購入したのは、スタジオ録音版「Japanama」聴きたさであったと、言いきっておきます(笑)

トランペットとピアノの二刀流「曽根麻央 - Infinite Creature」


曽根麻央 – Infinite Creature
Pony Canyon PCCY-30248 [2018.04.18]


曽根麻央 – Infinite Creature [Disc 1] Acoustic

01. Within The Moment 7:48
02. Drunk At The Reception 5:18
03. Recollection(from suite “Expressions On The Melody Of Kokiriko”) 4:41
04. Untitled Allegro 4:59
05. George Washington Bridge Blues 5:47
06. Isfahan (D. Ellington / B. Strayhorn) 5:17
07. From The South 5:29

Acoustic Band
曽根麻央 (tp, p, per, voice) 伊藤勇司 (b) 中道みさき(ds)
山田拓斗 (violin -5,7, mandolin -7) 西方正輝 (cello -2,5)


1枚目、アコーステック・バンドのメンバーは、曽根麻央 (tp, p, per, voice) 伊藤勇司 (b) 中道みさき(ds) 何曲かにバイオリンやチェロが入ります。

若干ラテン風味な「Within The Moment」、酒を飲んでやっちまった失敗体験を曲にした「Drunk At The Reception」。

アルバム・バージョンでは、パット・メセニーバンドを彷彿させるヴォイスが混じる組曲「コキリコの調べにおける表現」から「Recollection」。

静と動、そして緩急ついた印象的な「Untitled Allegro」。

セカンドライン (second line)ビートで始まる「George Washington Bridge Blues」。途中、ストリングスが絡むことで、さらなる緊張感が生み出されております。

気だるい雰囲気漂う「Isfahan」は、デューク・エリントン作曲なんですね。

沖縄旋律とブルースを融合させたような「From The South」は、不思議な浮遊感漂う、かつてない曲調の「和ジャズ」かと。

トランペットとピアノの二刀流「曽根麻央 - Infinite Creature」


曽根麻央 – Infinite Creature [Disc 2] Electric

01. Beyond Gravitation 6:04
02. SkyFloor 8:26
03. Introducing #BotLives 3:46
04. Brightness Of The Lives 5:38
05. I Fall In Love Too Easily (J. Styne / S. Cahn) 6:12
06. A Letter 4:18
07. Japanama 8:06

Electric Band
曽根麻央 (tp, flh, p, syn, per, voice) 井上銘 (el-g) 山本連(el-b) 木村紘(ds)


2枚目、エレクトリック・バンドのメンバーは、
曽根麻央 (tp, flh, p, syn, per, voice) 井上銘 (el-g) 山本連(el-b) 木村紘(ds)

80年代マイルスバンドのドラマー、アル・フォスターが叩き出すリズムを彷彿とさせるドラムから始まる、軽快な「Beyond Gravitation」。

ここでの曽根麻央奏でるトランペットは、師匠であるタイガー大越さんのテイストを濃密なまでに、感じさせますね。

バラッド風なイントロで始まる「SkyFloor」。これも私が好きなタイガー大越さんテイストだなあ(笑)。

「Introducing #BotLives」~「Brightness Of The Lives」は、曽根麻央カルテットのテーマソングなんだとか。

フリー・インプロビゼーションを挟んで、「和ジャズ」なテーマメロディが登場。

ハードなドラミングに和なテーマというと、井上鑑さんとか、難波弘之さんの路線を思い出します。

スタンダードナンバーである「I Fall In Love Too Easily」は何故か、マイルス・デイヴィス・バンドの『アガルタ(Agharta)』収録の「麗しのマイシャ」を彷彿とさせるアレンジで演奏されます。

バラッドの「A Letter」は、亡くなった母方の祖母に捧げた曲とのこと。

私のお目当て「Japanama」は、「From The South」の姉妹曲なんだとか。曲名は「Japan」と「Panama」を組み合わせた造語だそうです。

日本とパナマを融合したタイトル通り「和」なテイストと、「ラテン風」なグルーブが混ざり合う摩訶不思議な演奏です。


生粋のビバップピアニスト!「甲田まひる – PLANKTON (three blind mice) 」

甲田まひる、2001年5月24日生まれ。2018年現在で若干17歳(若いなあ)。

小学6年生で始めたインスタグラムをきっかけに、ファッショニスタ(fashionista)として注目され現在、ファッション誌の連載やモデルとしても活躍。

※なお、ファッショニスタ(fashionista)とは、「ファッションの動向・流行に敏感な人」という意味だそうです。

2017年から東京都内のライブハウスを中心に、ジャズ・ピアニストとしての活動を開始した甲田まひるさん。
彼女はモダンジャズ界の巨人で、バップピアノの第1人者「バド・パウエル(Bud Powell)」を、敬愛しているとのこと。

そんな、バド・パウエルを頂点とするビバップ・スタイルで弾き倒した演奏を充分堪能出来るのが、2018年5月発売となったメジャーデビュー・アルバム「PLANKTON」です。

甲田まひる - PLANKTON (three blind mice)

まずは、1曲目のバド・パウエル作「Un Poco Loco」と、2曲目の「Cleopatra’s Dream」を(出来れば)続けて聴いて欲しいです。
SONYさんの公式動画が公開されているようなので、貼っておきます。

ビバップスタイルのピアニストをこよなく愛する方であれば、彼女のバド・パウエルへの熱い思いが、ひしひしと伝わってくるはず。

「なーんだ、バドの完全コピーじゃん!」と思った方、日本いや世界中でこれだけ完璧なまでに、バドの鬼気迫る演奏を再現出来た録音ありました?
・・・少なくとも、私は聴いたことがないです。

そういう意味では、ドラムやピアノの音を、現代のスタジオで、当時の荒々しくも気迫溢れる音に、限りなく似せてしまった録音技師の方も、相当なものだと思います。

「Un Poco Loco」における若手ジャズドラマーの筆頭格・石若駿の、あのリズムパターン再現度には、絶句するしかありませんね・・・。

よくぞここまで、再現出来たものだと・・・。

他曲も、バド・パウエルが多用するフレーズがばんばん飛び出します。個人的には「Celia」と、「Tempus Fugit」あたりが好みかなあ。

バップ時代の生き証人、現在は指導者として世界中のミュージシャンから敬愛される「バリー・ハリス(Barry Harris)」を意識してか、タッド・ダメロンの「Lady Bird」が収録されているのも個人的にはツボですが・・・。

バドが演奏した有名曲の他、バドを兄弟のように庇護していたセロニアス・モンク(Thlonious Monk)の「Ruby My Dear」、「Ask Me Now」が入ってるのは、流石、バドの事を良く分かってるというか・・・。

「Plankton」と「My Crush」は、甲田まひる自身のオリジナル楽曲。

軽快な「Plankton」の第一印象は、いかにもバド・パウエル派のピアニストが作った楽曲だなあ・・・という感じ。

「My Crush」は、ドラムンベース(Drum & Bass)風のコラージュ的な楽曲。8ビートのリズムパターンに乗せ、録音音源を編集したような演奏が、繰り広げられます。


甲田まひる - PLANKTON (three blind mice)

甲田まひる – PLANKTON (2018)
three blind mice / Sony Music Direct MHCL-2755 [2018.05.23]

甲田まひる (p) 新井和輝 (b) 石若駿 (ds)
Februay, 2018 at Sound City Setagaya Studio.

01. Un Poco Loco (Bud Powell) 5:23
02. Cleopatra’s Dream (Bud Powell) 3:38
03. Indiana [take 1] (James F. Hanley / Ballard McDonald) 2:46
04. Indiana [take 3] (James F. Hanley / Ballard McDonald) 2:26
05. Ruby My Dear (Thelonious Monk) 5:59
06. Plankton (甲田まひる) 4:51

07. Celia (Bud Powell) 4:43
08. Tempus Fugit (Bud Powell) 2:56
09. Lady Bird (Tadd Dameron) 4:43
10. Lament (J. J. Johnson) 5:28
11. Ask Me Now (Thelonious Monk) 4:44
12. My Crush (甲田まひる) 2:39


<バド・パウエル(Bud Powell)によるオリジナル録音>

「Un Poco Loco」
「The Amazing Bud Powell, Volume 1 (Blue Note BLP 1503)」に収録

「Cleopatra’s Dream」
「The Amazing Bud Powell, Vol. 5 – The Scene Changes (Blue Note BLP 4009)」に収録。

「Indiana」
「The Bud Powell Trio (Roost RLP 2224)」に収録

「Tempus Fugit」、「Celia」
「Bud Powell – Jazz Giant (Norgran MGN 1063)」に収録

「Ruby, My Dear」
「Bud Powell – A Portrait Of Thelonious (Columbia CL 2292)」に収録

「Lady Bird」
「Piano Interpretations By Bud Powell (Norgran MGN 1077)」に収録


モンク歓喜の演奏 – コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス – Thelonious Monk [Black Lion/Muzak] (2018)

1月25日にセロニアス・モンクのリーダー作として最後の録音となる「The London Collection」が、日本のインディーレーベル(?)・「MUZAK(ミューザック) 」さんから、発売されました。

コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス
※ジャケット写真をリンクすると、アマゾンさんで商品購入出来ます。

ジャケットと特典ポスターは、ジャズ喫茶「DUG」のオーナーで写真家の中平穂積氏の作品です。

「特典ポスターがある!」との情報を聞きつけ、私は『タワーレコード新潟店(イオンモール新潟南内)』で購入。

The London Collection - Thelonious Monk (2018)

何らかの手違いで、CDと共に到着したはずの「特典ポスター」の存在が、お店で不明となり、店舗で「有無」の確認をお願いして、再訪した際にようやくポスター付きで購入出来ました。

今回のアルバムは2枚組。

1枚目が「ソロ」、2枚目がアート・ブレイキー(ds)とアル・マッキボン(b)を従えたトリオによる演奏です。

なお2枚目の最後にボーナス・トラックとして、ソロで演奏された「Trinkle, Tinkle [take 1] 」が、追加収録されております。

録音したスタジオ設備の関係か、何時もゴツゴツした感じの印象があるモンクのピアノの響きが、物凄く綺麗に響き渡ります。

例えて書くなら『広い空間にピアノ1台だけ置いてある天国で、ピアノを弾いてるモンク』といった印象かな。

トリオによる演奏も同様で、いつも豪快なアード・ブレイキーのドラムが、かなり大人しく(繊細に)聴こえてしましいます。

ただ、ソロ、トリオとも、ピアノの響きに「モンクの歓喜(喜び)」を感じとることが出来ます。

音だけ聴いてる限り、かなり高揚(ハイになって)して演奏してる事が、音の響きから伺えますね。

いつもムッツリした感じした印象を受けるモンクを、ここまでウキウキさせた原因が何かは分かりませんが、モンク自作の「Trinkle, Tinkle(ブギウギ調の曲)」などを聴いていると、こちらの気持ちもウキウキしてきます。

演奏曲目には、モンク珠玉の自作曲が、ずらっと並びます。

初期に録音した楽曲が多い感じがするのは、ブルーノート(Blue Note Records)やプレステッジ(Prestige Records)などの初期録音で共演した、アート・ブレイキー(Art Blakey)が居たからでしょうねえ。

なお、何曲かのテイクで、「ピアノを擦るような音」が聴こえてきますが、これはモンクの「伸び過ぎた爪」が、鍵盤に触れた際に発生してる音だとか。
何曲か録音した後、同行したモンクの奥様(ネリーさん)が爪を切ってあげることで、対処したとのことです。

ブラック・ライオン・レーベルは、今まで日本のレコード店にてお目にかかる機会が少なく、このアルバム自体もこれまで、まったく私の視野に入っていませんでしたが、今回の再発は、本当に嬉しい「出合い」でした。

再発に尽力され、特典ポスターまで用意してくれた「MUZAK(ミューザック) 」さんに、感謝を。


コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス – セロニアス・モンク
The London Collection – Thelonious Monk (2018)
Black Lion/Muzak MZCB-1365/66 [2018.01.25]

Producer Alan Bates
Photography by Hozumi Nakadaira
———————————————
The London Collection [Disc 1]

01. Trinkle, Tinkle [take 3] 7:23
02. Crepuscule With Nellie [take 2] 2:15
03. Darn That Dream (De Lange, Van Heusen) 5:45
04. Little Rootie Tootie 4:04
05. Meet Me Tonight In Dreamland (Whitson, Friedman) 3:12
06. Nice Work If You Can Get It (G & I Gershwin) 5:10
07. My Melancholy Baby (Washington) 5:08
08. Jackie-Ing 3:26
09. Loverman (Ramirez) 7:12
10. Blue Sphere 2:24
11. Trinkle, Tinkle [take 2] 5:55
12. The Man I Love (G & I Gershwin) 5:12
13. Something In Blue 6:38
14. Introspection [take 1] 1:11
15. Chordially (Improvisation) 9:40

Thelonious Monk (p)
November 15, 1971 at Chappell Studios, London.

———————————————
The London Collection [Disc 2]

01. Evidence [take 2] 5:24
02. Misterioso 6:22
03. Crepuscule With Nellie [take 4] 2:20
04. I Mean You 7:43
05. Criss Cross 3:40
06. Ruby My Dear 6:04
07. Nutty [take 2] 4:43
08. Hackensack [take 2] 7:54
09. Crepuscule With Nellie [take 3] 2:19
10. Nutty [take 1] 4:13
11. Introspection [take 3] 3:05
12. Hackensack [take 1] 9:04
13. Evidence [take 1] 7:06

[bonus track]
14. Trinkle, Tinkle [take 1] 5:52

Thelonious Monk (p) Al McKibbon (b) Art Blakey (ds)
November 15, 1971 at Chappell Studios, London.


なお、この録音のきっかけとなった「ジャイアンツ・オブ・ジャズ」という特別編成バンドは、1971年秋から演奏活動をスタートし、アメリカ、ヨーロッパ、日本と全世界を巡業していたようです。

Thelonious Monk, Dizzy Gillespie, Giants Of Jazz Copenhagen 1971

01. Round Midnight (Thelonious Monk)
02. Tour De Force (Dizzy Gillespie)
03. Lover Man (J. Davis-J. Sherman-R. Ramrez)
04. Tin Tin Deo (Gil Fuller-Chano Pozo)
05. Everything Happens To Me (Tom Adair-Matt Dennis)
06. A Night In Tunisia (Dizzy Gillespie)

Dizzy Gillespie(tp) Sonny Stitt(as) Kai Windin(tb)
Thelonious Monk(p) Al McKibbon(b) Art Blakey(ds)
Live at Tivoli Gardens,Copenhagen,Denmark,November 9,1971


では、今回のアルバムご紹介はここまで。