kajiakira のすべての投稿

The Gentle Side Of John Coltrane (Compiled by Michael Coscuna)

1975年にマイケル・カスクーナ(Michael Coscuna)によって編纂された「The Gentle Side Of John Coltrane」というコンピレーションアルバムがあることをご存知ですか?

ジョン・コルトレーン(John Coltrane)のバラッド風な演奏だけを集めた、秀逸で非常に聴きやすいアルバム。

コルトレーン関連のコンピレーションは数多発売されておりますが、「聴きやすさ」という点において、このアルバムを越える作品に未だ巡りあっておりません。

John Coltrane ‎– The Gentle Side Of John Coltrane

私は大学時代、後輩から貸してもらったレコードの中にこのアルバムがあり、カセットに録音して聴いていたのですが、また気軽に聴きたいなあ・・・と思い立ち調べてみたら、「LPレコード(2枚組)」と「CD(1枚)」では、収録時間の都合で曲順など、若干の変更が加えられていることが判明。

今更レコードを入手するのも面倒なので、手持ちのCD音源駆使し、このコンピレーションアルバムを、独自再編集してしまいました(笑)。

既発のものが1990年代初頭に発売された輸入盤CDのみで当然、音圧や音質が、ショボいだろう・・・という判断もあっての事ですが。

「Ballads」、「John Coltrane And Johnny Hartman」、「Duke Ellington And John Coltrane」という定番バラッドアルバムに加え、裏バラッドと呼びたい「Crescent」からも拾遺。

その他「Coltrane」、「Impressions」、「Transition」や、ライブアルバム「Coltrane Live At Birdland」、さらに過激な「Kulu Se Mama」からもバラツド風の演奏が選曲されているという、一般大衆向けに考え尽くされたアルバムだろうと思います。

「LPレコード(2枚組)」と、「CD(1枚)」との大きな違いは、「The Spiritual」【Coltrane “Live” At The Village Vanguard (Impulse! A-10)収録】の有無。

またCD化に伴い、後半の曲順を入れ替えてあります。レコード盤4面に配分した時と、気が変わったのか?
そのあたりの経緯は、マイケル・カスクーナご本人に尋ねるしかないですけどね。

「impulse!」レコード音源の所有会社さん、リマスターしてこのアルバムを再発してくれないかなあ。
ここまで出来の良いコンピレーションは、なかなかお目にかかれないので・・・。
と思って調べたら、2012年に日本盤発売されてましたね(笑)。

////////////////////////////////////////////
The Gentle Side Of John Coltrane [CD](1991)
Impulse! ‎/ GRP GRD-107

Compiled by Michael Coscuna

01. Soul Eyes (Mal Waldron) 5:27
02. What’s New (Haggart, Burke) 3:48
03. Welcome (John Coltrane) 5:29
04. Nancy (With The Laughing Face) (Van Heusen, Silvers) 3:14
05. My Little Brown Book (Strayhorn) 5:23
06. Wise One (John Coltrane) 9:01
07. Lush Life (Billy Strayhorn) 5:32

08. Alabama (John Coltrane) 5:11
09. My One And Only Love (Wood, Mellin) 5:00
10. After The Rain (John Coltrane) 4:14
11. In A Sentimental Mood (Duke Ellington) 4:19
12. Dear Lord (John Coltrane) 5:38
13. I Want To Talk About You (Billy Eckstine) 8:11

John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)

05: John Coltrane (ts) Duke Ellington(p) Aaron Bell(b) Sam Woodyard(ds)
07, 09: with Johnny Hartman(vo)
10: John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Roy Haynes(ds)
11: John Coltrane (ts) Duke Ellington(p) Aaron Bell(b) Elvin Jones (ds)

Coltrane (Impulse! A-21)
Duke Ellington And John Coltrane (Impulse! A-30)
Ballads (Impulse! A-32)
John Coltrane And Johnny Hartman (Impulse! A-40)
Impressions (Impulse! A-42)
Coltrane Live At Birdland (Impulse! A-50)
Crescent (Impulse! A-66)
Transition (Impulse! AS-9195)
Kulu Se Mama (Impulse! A-9106)

//////////////////////////////////////////////
John Coltrane ‎– The Gentle Side Of John Coltrane [2LP](1975)
Impulse! / MCA Records ‎– MCA2-4136 (1975) US

———————
The Gentle Side Of Coltrane [Disc 1]

A1. Soul Eyes 5:22
A2. What’s New 3:43
A3. Welcome 5:17
A4. Nancy 3:09

B1. My Little Brown Book 5:30
B2. Lush Life 5:20
B3. Wise One 9:01

——————
The Gentle Side Of Coltrane [Disc 2]

C1. Alabama 5:05
C2. My One And Only Love 4:50
C3. I Want To Talk About You 8:50
C4. Dear Lord 5:34

D1. After The Rain 4:07
D2. In A Sentimental Mood 4:12
D3. The Spiritual 13:30

Coltrane “Live” At The Village Vanguard (Impulse! A-10)
Coltrane (Impulse! A-21)
Duke Ellington And John Coltrane (Impulse! A-30)
Ballads (Impulse! A-32)
John Coltrane And Johnny Hartman (Impulse! A-40)
Impressions (Impulse! A-42)
Coltrane Live At Birdland (Impulse! A-50)
Crescent (Impulse! A-66)
Transition (Impulse! AS-9195)
Kulu Se Mama (Impulse! A-9106)

コルトレーンのフリー時代の演奏はやはり、苦手(笑)

サイト「加持顕のジャズCD棚」は本来、ブルーノートレコードに特化した記事のみ掲載しようと意図して作ったのですが、レコード会社再編の影響か、CD再発頻度も落ち、目新しい再発もなくなってしまったので方針転換します。

しばらくは棚で目についたジャズCDや、新しく入手したアルバム記事を、ゆるゆる書き加えてみたいと思います。

今回からしばらくは、ジャズ界に多大なる影響を与える途中で夭折した、ジョン・コルトレーン(John Coltrane)の演奏キャリア後期の録音について。

——————————————————-

ジョン・コルトレーン(John Coltrane)の音楽は、力を抜いたバラード的なものや、スピリチュアル系の演奏が好きだったりします。

特に60年代当時、アメリカの公民権運動と連動する、熱い「時代背景」にまったく影響されていない身としては、無意味に怒ってたり、激情的フリーキーな演奏は、体が受け付けないんです(笑)。

ちなみに1957年7月、コルトレーンは「神の啓示」を得た(笑)そうで。

1964年、「至上の愛(A Love Supreme)」で神の愛を賛美する裏で、これまでの私生活の乱れを妻アリスに公開謝罪(笑)、心機一転してます。

なお、『至上の愛(A Love Supreme)』以降、フリーキーな演奏に終始する作品群は怖くて(笑)、お勉強名目で聴き漁ってた時期ですら、聴くのを躊躇していたのですが。

最近、恐る恐る、最晩年の『Live In Japan』4枚組を聴いてみたのですが、ファラオ・サンダース(Pharoah Sanders)のソロで、ギブアップ(笑)。

「何やってるのか、理解出来ない」旨、とあるSNSに投稿したら、当時のコンサートを見たらしい人からイチャモンらしきものをつけられ、さらに「嫌い度」が増した、という経緯もあったりします。

当時の時代及び歴史的背景を抜いて、単なるライブとして聴かせた場合、女子供に聴かせたら、ほぼ嫌がるだろう、こんな無茶な音楽、というのが、私自身の現在の見解です。

ドラッグかアルコールでも摂取してハイにでもなってない限り、拷問だよー、あの延々続く、激しすぎるサウンドは。

間違いなく、聴く人を選ぶ音楽です、『Live In Japan』は。

インドのシタール奏者・ラヴィ・シャンカールに影響され、公民権運動の象徴としての激情的音楽から、「平和と愛」を希求した、スピリチュアルな音楽へと方針転換するのですが、そのあたりは次回にでも。

<ジョン・コルトレーン(John Coltrane)のざっくりした年表>

////////////////////////////////////////////////////
<ハードバップ(修行時代)>
////////////////////////////////////////////////////

ヘロイン(heroin)及びアルコールへの依存と、神の啓示

1955年、マイルス・デイヴィスのグループに加入。

1957年、セロニアス・モンクのグループに加入。

1957年7月、「神の啓示」を得る(笑)。
1957年9月、アルバム「Blue Train (Blue Note)」録音。

1958年、マイルス・デイヴィスのグループに再加入。

1959年、マイルスのアルバム「Kind of Blue (Columbia)」録音。

1959年、アルバム「Giant Steps (atlantic)」録音。

1950年代末にはコード進行に基づく演奏を極限まで追求し、
「シーツ・オブ・サウンド」と呼ばれる演奏スタイルを確立。

ステージ上の劇場的で延々吹き続ける姿から、
「Angry Young Tenor Man(怒れる若きテナーマン)」と形容されるようになる。

////////////////////////////////////////////////////
<モード(レギュラーグループ結成)>
////////////////////////////////////////////////////

1960年、マッコイ・タイナー、エルヴィン・ジョーンズを加えた
「黄金のカルテット」と形容される自身のレギュラーグループ結成。

マイルスに影響されたのか、コード進行の束縛を脱したモード(旋法)による演奏にシフト。

1961年、インパルス!レコード(impulse! Records)に移籍。
1961年、エリック・ドルフィー(Eric Dolphy)を自身のグループに加える

1964年、夭折したドルフィーのバスクラリネットとフルートを譲り受ける。
1964年、神に捧げた4部構成による組曲のアルバム『至上の愛(A Love Supreme)』録音。

////////////////////////////////////////////////////
<フリー(至高なる神への憧憬)>
////////////////////////////////////////////////////

モード奏法を追求し終えたのか、無調性音楽であるフリー・ジャズへシフト。
当時の公民権運動と連動し、ジャズ界の象徴的存在へ祀り上げられる。

1965年、フリー・ジャズ的アルバム「Ascension」録音。

1965年、ファラオ・サンダース(Pharoah Sanders)を自身のグループに加える。
1965年末、マッコイ・タイナーが退団し、アリスがグループ参加。

1966年3月、エルヴィン・ジョーンズが退団し、ラシッド・アリがグループ参加。
1966年7月、来日。有名なる「私は聖者になりたい(笑)」発言を残す。

1967年7月17日、肝臓癌にて夭折。
医者嫌いだったらしく、癌が発覚した時には、すでに手遅れ状態だった模様。