エリック・ドルフィー待望の発掘音源集「Eric Dolphy - Musical Prophet (Resonance Records)」

エリック・ドルフィー待望の発掘音源集「Eric Dolphy – Musical Prophet (Resonance Records)」

先日寄ったタワーレコード新潟店に、待望の日本盤(解説書の翻訳付き)が入荷してたので、迷わず購入しました。

エリック・ドルフィー待望の発掘音源集「Eric Dolphy - Musical Prophet (Resonance Records)」
エリック・ドルフィー待望の発掘音源集「Eric Dolphy – Musical Prophet (Resonance Records)」

近年、ジャズジャイアンツの未発表音源を次々リリースし、世界的に注目を集める「レゾナンス・レコード (Resonance Records)」。

今回は何と、「Musical Prophet」というタイトルで、「エリック・ドルフィー (Eric Dolphy)」の3枚組発掘音源です。

「Musical Prophet」は、「音楽的な預言者」とでも訳せばいいのでしょうか?

蛇足ながら「孤高のスタイル」を貫くミュージシャンは、どのジャンルにも居るかと思われますが、そんな我が道を進むミュージシャン達に待っているのは、一般聴衆の「無理解」と、仕事がなかなか得られない事による「低収入」。

エリック・ドルフィーが欧州で客死した原因とも言える「糖尿病」にしても、お金がなくて食事では「はちみつ」を好んで食べてたとか(伝聞)、低収入に起因する生活習慣が原因であったりするわけで。

「孤高の道」を進むというのは結局、「我を通して」周りに迷惑かける結果しか生まない・・・という側面もあるという事を、反面教師として示してたりします。

さて、この発掘音源には、クラシカルな演奏テクニックを充分に鍛え上げ、またジャズの基礎教養「ビバップ」も充分習得したエリック・ドルフィーが、従来の「ジャズ」という枠組みから、如何にして飛び出せば良いのか?自分の理想とする「音楽」をどうやって記録として残そうか?

ドルフィーが様々なミュージシャン達と共に模索する様子を、厳選した音源として聴く事が出来ます。

このCDには3枚に渡り、様々な編成による演奏は収められておりますが、「ウディ・ショウ(Woody Shaw)」や、「ボビー・ハッチャーソン(Bobby Hutcherson)」含むバンドによる演奏群が一番、お気に入りです。

今回の音源として使用されたマスターテープは、ヨーロッパで客死したドルフィーが渡欧前、友人に預けたスーツケースの中に入っていたものだそうで。

過去にドルフィーの死後発売されたセッション音源も含め、新たに調査・整理の上、リマスター発売したものではあります。

セッション自体は以前より、1964年2月25日に録音された「Out To Lunch! (Blue Note BLP 4163)」前後の録音として、注目されていたようです。

という事で「Out To Lunch! (Blue Note)」と同傾向の、やや前衛音楽に近い演奏も、聴く事が出来ます。

欧州で客死していなければアメリカ帰国後、ブルーノートが新録音を予定していたそうで、エリック・ドルフィーのファンしては、何とも切ない気分になりますね。

なお、今回の未発表音源を含む3枚組は、アメリカの音楽プロデュサー「アラン・ダグラス(Alan Douglas)」がプロデュースし、自身のレコード会社「ダグラス・レコード」等より発売した音源を中心に、構成されております。

1963年7月1日と、3日に録音された音源は過去に、「Eric Dolphy – Iron Man [Douglas SD 755]」と、「Eric Dolphy – Conversations [Fred Miles FM 308]」というタイトルで分散収録され、発売されたものです。

過去発売された音源は「ステレオ」であったようですが、今回の音源は「モノラル」。

ボーナストラック扱いの「A Personal Statement」のみ、1964年3月の録音です。

以前、「Other Aspects (Blue Note BT 85131)」というタイトルで発売されたアルバムに、「Jim Crow」として収録されたの曲の「別テイク」であるとのこと。

なお、ディスク3収録の「Love Me (alternate take 2)」と「Alone Together (alternate take) 」は、2013年に発売された、「Eric Dolphy – Muses (Marshmallow Export MMEX-159-CD)」にも、収録されているそうです。

Eric Dolphy – Musical Prophet

Resonance Records HCD2035 / King International KKJ1031

Musical Prophet [Disc 1] Conversations

01. Jitterbug Waltz 7:18
02. Music Matador 9:37
03. Love Me 3:22
04. Alone Together 13:36

05. Muses for Richard Davis [previously unissued 1] 7:39
06. Muses for Richard Davis [previously unissued 2] 8:31

Musical Prophet [Disc 2] Iron Man

01. Iron Man 9:14
02. Mandrake 4:47
03. Come Sunday 6:28
04. Burning Spear 11:59
05. Ode to Charlie Parker 8:04

06. A Personal Statement 15:02

Musical Prophet [Disc 3] Previously Unissued Studio Recordings

01. Music Matador [alternate take] 8:05
02. Love Me (alternate take 1) 2:27

03. Love Me (alternate take 2) 3:43
04. Alone Together (alternate take) 12:14

05. Jitterbug Waltz (alternate take) 9:36
06. Mandrake (alternate take) 6:48
07. Burning Spear (alternate take) 10:31

◎Session 01 [July 1, 1963]

Eric Dolphy (bass-cl, fl) Richard Davis (b)

July 1, 1963 in NYC.

「Come Sunday」、「Ode to Charlie Parker」、「Alone Together」、「Alone Together (alternate take)」「Muses for Richard Davis [previously unissued 1]」、「Muses for Richard Davis [previously unissued 2]」

◎Session 02 [July 3, 1963]

Eric Dolphy (as, bass-cl, fl)
Woody Shaw (tp) Bobby Hutcherson (vib)
Richard Davis (b) Eddie Khan (b) J.C. Moses (ds)
Prince Lasha (fl) Clifford Jordan (ss) Sonny Simmons (as)

July 3, 1963 in NYC.

「Iron Man」、「Mandrake」、「Mandrake (alternate take)」、「Burning Spear」、「Burning Spear (alternate take)」、「Jitterbug Waltz」、「Jitterbug Waltz (alternate take)」、「Music Matador」、「Music Matador [alternate take]」、「Love Me」、「Love Me (alternate take 1)」、「Love Me (alternate take 2)」

◎Session 03 [March 1 or 2, 1964]

Eric Dolphy (alto sax, bass clarinet, flute) Bob James (piano) Ron Brooks (bass)
Bob Pozar (drums, percussion) David Schwartz (vocals)

March 1 or 2, 1964 at University Of Michigan, Ann Arbor, MI.

「A Personal Statement (Jim Crow)」

エリック・ドルフィーが、チャールス・ミンガスバンドの一員として欧州に渡り、西ベルリンにて客死したのは「糖尿病」による、低血糖状態の治療として注射されたインシュリンが原因で起きた心臓発作によるものらしいです(昔、死因を書いた記事を何度か読んだ記憶によると)。

しかし、芸術家の「我が道を行く」って行為は、自らの命を縮めると同時に、ファンである我々も、演奏者が追求してた「その後」を、「想像」でしか追えなくなる「時」が早々に訪れるというという事でもあるな・・・と、横道ながらも考えてしまいました。

ま、今回の横道は、この辺で止めときましょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*