The London Collection - Thelonious Monk (2018)

モンク歓喜の演奏 – コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス – Thelonious Monk [Black Lion/Muzak] (2018)

1月25日にセロニアス・モンクのリーダー作として最後の録音となる「The London Collection」が、日本のインディーレーベル(?)・「MUZAK(ミューザック) 」さんから、発売されました。

コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス
※ジャケット写真をリンクすると、アマゾンさんで商品購入出来ます。

ジャケットと特典ポスターは、ジャズ喫茶「DUG」のオーナーで写真家の中平穂積氏の作品です。

「特典ポスターがある!」との情報を聞きつけ、私は『タワーレコード新潟店(イオンモール新潟南内)』で購入。

The London Collection - Thelonious Monk (2018)

何らかの手違いで、CDと共に到着したはずの「特典ポスター」の存在が、お店で不明となり、店舗で「有無」の確認をお願いして、再訪した際にようやくポスター付きで購入出来ました。

今回のアルバムは2枚組。

1枚目が「ソロ」、2枚目がアート・ブレイキー(ds)とアル・マッキボン(b)を従えたトリオによる演奏です。

なお2枚目の最後にボーナス・トラックとして、ソロで演奏された「Trinkle, Tinkle [take 1] 」が、追加収録されております。

録音したスタジオ設備の関係か、何時もゴツゴツした感じの印象があるモンクのピアノの響きが、物凄く綺麗に響き渡ります。

例えて書くなら『広い空間にピアノ1台だけ置いてある天国で、ピアノを弾いてるモンク』といった印象かな。

トリオによる演奏も同様で、いつも豪快なアード・ブレイキーのドラムが、かなり大人しく(繊細に)聴こえてしましいます。

ただ、ソロ、トリオとも、ピアノの響きに「モンクの歓喜(喜び)」を感じとることが出来ます。

音だけ聴いてる限り、かなり高揚(ハイになって)して演奏してる事が、音の響きから伺えますね。

いつもムッツリした感じした印象を受けるモンクを、ここまでウキウキさせた原因が何かは分かりませんが、モンク自作の「Trinkle, Tinkle(ブギウギ調の曲)」などを聴いていると、こちらの気持ちもウキウキしてきます。

演奏曲目には、モンク珠玉の自作曲が、ずらっと並びます。

初期に録音した楽曲が多い感じがするのは、ブルーノート(Blue Note Records)やプレステッジ(Prestige Records)などの初期録音で共演した、アート・ブレイキー(Art Blakey)が居たからでしょうねえ。

なお、何曲かのテイクで、「ピアノを擦るような音」が聴こえてきますが、これはモンクの「伸び過ぎた爪」が、鍵盤に触れた際に発生してる音だとか。
何曲か録音した後、同行したモンクの奥様(ネリーさん)が爪を切ってあげることで、対処したとのことです。

ブラック・ライオン・レーベルは、今まで日本のレコード店にてお目にかかる機会が少なく、このアルバム自体もこれまで、まったく私の視野に入っていませんでしたが、今回の再発は、本当に嬉しい「出合い」でした。

再発に尽力され、特典ポスターまで用意してくれた「MUZAK(ミューザック) 」さんに、感謝を。


コンプリート・ラスト・ロンドン・レコーディングス – セロニアス・モンク
The London Collection – Thelonious Monk (2018)
Black Lion/Muzak MZCB-1365/66 [2018.01.25]

Producer Alan Bates
Photography by Hozumi Nakadaira
———————————————
The London Collection [Disc 1]

01. Trinkle, Tinkle [take 3] 7:23
02. Crepuscule With Nellie [take 2] 2:15
03. Darn That Dream (De Lange, Van Heusen) 5:45
04. Little Rootie Tootie 4:04
05. Meet Me Tonight In Dreamland (Whitson, Friedman) 3:12
06. Nice Work If You Can Get It (G & I Gershwin) 5:10
07. My Melancholy Baby (Washington) 5:08
08. Jackie-Ing 3:26
09. Loverman (Ramirez) 7:12
10. Blue Sphere 2:24
11. Trinkle, Tinkle [take 2] 5:55
12. The Man I Love (G & I Gershwin) 5:12
13. Something In Blue 6:38
14. Introspection [take 1] 1:11
15. Chordially (Improvisation) 9:40

Thelonious Monk (p)
November 15, 1971 at Chappell Studios, London.

———————————————
The London Collection [Disc 2]

01. Evidence [take 2] 5:24
02. Misterioso 6:22
03. Crepuscule With Nellie [take 4] 2:20
04. I Mean You 7:43
05. Criss Cross 3:40
06. Ruby My Dear 6:04
07. Nutty [take 2] 4:43
08. Hackensack [take 2] 7:54
09. Crepuscule With Nellie [take 3] 2:19
10. Nutty [take 1] 4:13
11. Introspection [take 3] 3:05
12. Hackensack [take 1] 9:04
13. Evidence [take 1] 7:06

[bonus track]
14. Trinkle, Tinkle [take 1] 5:52

Thelonious Monk (p) Al McKibbon (b) Art Blakey (ds)
November 15, 1971 at Chappell Studios, London.


なお、この録音のきっかけとなった「ジャイアンツ・オブ・ジャズ」という特別編成バンドは、1971年秋から演奏活動をスタートし、アメリカ、ヨーロッパ、日本と全世界を巡業していたようです。

Thelonious Monk, Dizzy Gillespie, Giants Of Jazz Copenhagen 1971

01. Round Midnight (Thelonious Monk)
02. Tour De Force (Dizzy Gillespie)
03. Lover Man (J. Davis-J. Sherman-R. Ramrez)
04. Tin Tin Deo (Gil Fuller-Chano Pozo)
05. Everything Happens To Me (Tom Adair-Matt Dennis)
06. A Night In Tunisia (Dizzy Gillespie)

Dizzy Gillespie(tp) Sonny Stitt(as) Kai Windin(tb)
Thelonious Monk(p) Al McKibbon(b) Art Blakey(ds)
Live at Tivoli Gardens,Copenhagen,Denmark,November 9,1971


では、今回のアルバムご紹介はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*