Various - They All Played Bebop [CBS Sony](1982)

「Various – They All Played Bebop [CBS Sony](1982)」ビバップ・ピアニスト達の名演集

「Various – They All Played Bebop [CBS Sony](1982)」

Various - They All Played Bebop [CBS Sony](1982)

 バップ・スタイルの名ピアニスト達の演奏を1枚で堪能出来る、1977年11月に録音されたアルバムです。

 元々2枚組だったものを、日本で1972年の新規録音だけ1枚に編集し、発売されたものらしいですね。

 この時の録音は「I Remember Bebop」と「They All Played Bebop」に分散収録されてるみたいで、近年「I Remember Bebop-The Complete Recording Sessions」としてCD化されたようです。

I Remember Bebop: Complete Recording Sessions

 さて、フリー・ジャズの熱風が過ぎ去り、フュージョンの爽やかな風が吹きだす1970年代初頭、アメリカ以外の世界各国から、ハード・バップ・リバイバルの機運が高まります。

 その筆頭が、デンマークのジャズ・レーベル「SteepleChase」。

 1972年から、ヨーロッパに活動拠点を移し、細々と活動を続けるバップ時代の名手達と接触、次々と新録音を発売しはじめました。

 そんな流れに乗り、1977年にアメリカの大手レコード会社が企画したのがこのアルバム。

 ビバップ時代から活躍する名ピアニスト達を一同に集め、当時の名曲を演奏しております。

 時代に流されず生き残ったピアニスト達の、最後の輝きとも言える名演が、次々登場致します。

 中でもA面最初に登場する「アル・ヘイグ(Al Haig)」のビバップ名曲集と、B面最初の「デューク・ジョーダン (Duke Jordan)」の「タッド・ダメロン(Tadd Dameron)」作品集が、個人的に好きな演奏かなあ。


 今回ご紹介する「They All Played Bebop」収録曲は、次の通り。

●1977年11月02日録音
 「アル・ヘイグ (Al Haig)」トリオ:「Woody’n You (Gillespie) 」、「Con Alma (Gillespie)」、「A Night In Tunisia (Gillespie – Paparelli)」

 「ジミー・ロウルズ (Jimmy Rowles)」トリオ:「Darn That Dream (DeLange – Van Heusen)」


●1977年11月03日録音
 「バリー・ハリス (Barry Harris)」トリオ:「Light Blue (T. Monk)」

 「トミー・フラナガン (Tommy Flanagan)」デュオ:「So Sorry Please (B. Powell)」


●1977年11月04日録音
 「ジョン・ルイス (John Lewis)」ソロ:「Afternoon In Paris (J. Lewis)」


●1977年11月05日録音
 「アル・ヘイグ (Al Haig Solo)」ソロ:「I Waited For You (Gillespie – G. Fuller)」

 「デューク・ジョーダン (Duke Jordan)」ソロ:「If You Could See Me Now (T. Dameron)」、「Our Delight (T. Dameron)」

 「ウォルター・ビショップ (Walter Bishop Jr.)」トリオ:「Scrapple From The Apple (C. Parker)」

 「サデック・ハキム (Sadik Hakim)」トリオ:「Buzzy (C. Parker)」


Various – They All Played Bebop (1982)

CBS Sony 25AP-2781(1982)

Various - They All Played Bebop [CBS Sony](1982)

side 1
Al Haig Trio
 01. Woody’n You (Gillespie) 4:29
 02. Con Alma (Gillespie) 4:02
 03. A Night In Tunisia (Gillespie – Paparelli) 3:28

Al Haig Solo
 04. I Waited For You (Gillespie – G. Fuller) 4:19

Walter Bishop Jr. Trio
 05. Scrapple From The Apple (C. Parker) 3:14

Jimmy Rowles Trio
 06. Darn That Dream (DeLange – Van Heusen) 3:30

side 2
Duke Jordan Solo
 07. If You Could See Me Now (T. Dameron) 6:12
 08. Our Delight (T. Dameron) 5:25

John Lewis Solo
 09. Afternoon In Paris (J. Lewis) 2:16

Barry Harris Trio
 10. Light Blue (T. Monk) 2:31

Tommy Flanagan Duo
 11. So Sorry Please (B. Powell) 3:15

Sadik Hakim Trio
 12. Buzzy (C. Parker) 2:25

各セッションの詳細

◎November 2, 1977 in NYC.

 ☆Al Haig Trio – Al Haig (p) Jamil Nasser (b) James Wormworth (ds)
 ☆Jimmy Rowles Trio – Jimmy Rowles (p) Rufus Reid (b) Mickey Roker (ds)

◎November 3, 1977 in NYC.

 ☆Barry Harris Trio – Barry Harris (p) William Lee (b) Leroy Williams (ds)
 ☆Tommy Flanagan Duo – Tommy Flanagan (p) Keter Betts (b)

◎November 4, 1977 in NYC.

 ☆John Lewis Solo – John Lewis (p)

◎November 5, 1977 in NYC.

 ☆Al Haig Solo – Al Haig (p)
 ☆Duke Jordan Solo – Duke Jordan (p)
 ☆Walter Bishop Jr. Trio – Walter Bishop Jr. (p) Bob Cranshaw (b) Al Foster (ds)
 ☆Sadik Hakim Trio – Sadik Hakim (p) Errol Walters (b) Al Foster (ds)


最後に、このアルバムに参加してるメンバーの作品を、ご紹介しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*