Elmo Hpoe - Hope Meets Foster(Prestige 7021)

「Elmo Hpoe – Hope Meets Foster(Prestige 7021)」フランク・フォスターの名演を堪能

Elmo Hpoe – Hope Meets Foster(Prestige 7021)

Elmo Hpoe - Hope Meets Foster(Prestige 7021)

 ピアニスト「エルモ・ホープ (Elmo Hope)」名義のアルバムですが、後に「Wail, Frank, Wail (PRLP 7021)」と改題され再発された事でも分かる通り、カウント・ベイシー楽団などで大活躍したテナー奏者「フランク・フォスター (Frank Foster)」のモダンな演奏を堪能出来るアルバム。

 エルモ・ホープは自作曲も多く、ブルーノート・レコードで録音するほど腕は確かなピアニストなのですが、残念ながら一部マニアしか知られていないようです。

 ビックバンドでの活動が多く、コンボでの演奏が少ない印象があるフランク・フォスターですが、初期ブルーノート・レコードに残された10インチアルバムを聴いたことがある方は分かると思いますが、かなりモダンな演奏を聴かせてくれます。

 このアルバムでは自作曲「Fosterity」、「Shutout」などで、彼の素敵な演奏を堪能出来ます。

 トランペットで3曲ほど参加してる「フルーマン・リー(Freeman Lee)」は、可もなく不可もなく・・・といった感じ。印象は、限りなく薄いです。

Elmo Hpoe – Hope Meets Foster (1955)

Prestige 7021 / OJC-1703 [1985 Remastered]

Elmo Hpoe - Hope Meets Foster(Prestige 7021)

side 1
 01. Wail, Frank Wail (Elmo Hope) 6:26
 02. Zarou (Elmo Hope) 5:15
 03. Fosterity (Frank Foster) 6:16

side 2
 04. Georgia On My Mind (Hoagy Carmichael, Stuart Gorrell) 6:39
 05. Shutout (Frank Foster) 5:50
 06. Yaho (Elmo Hope) 7:40

Freeman Lee (tp -2,3,5) Frank Foster (ts) Elmo Hope (p) John Ore (b) Art Taylor (ds)
October 4, 1955 at Van Gelder Studio, Hackensack, New Jersey.

Supervised by Bob Weinstock
Remastered by Gary Hobish

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*