【Mixcloud】Mt.Fuji Jazz Festival 1987(1) with Blue Note

「Mt.Fuji Jazz Festival with Blue Note」というライブイベントは、他有名フェスティバル同様、TV放映とFM生中継が入るという豪華なものでした。

近年、TV放映された映像は、動画投稿サイトに大量にアップされておりますが、FM音源に関しては、なかなか出会う事もなく、時が過ぎ去っていきました。

そんな訳で、自分所有の音源を、自家リマスターしたものを、試しにアップしてみます。

今回は、ラジオっぽく、ジングルも自作してみました(笑)。

Mt.Fuji Jazz Festival 1987(1) with Blue Note from FM broadcast Air Check

/////////////////////////////////////////////
00:00 01. mfjf-jingle(Abdallah-15s)

/////////////////////////////////////////////
00:15 02. Samba Larue / O.T.B. 10:38
10:52 03. Inside Track / O.T.B. 7:40
18:32 04. Alone Alone And Alone / O.T.B. + Hino 7:06

O.T.B. meets Terumasa Hino
Michael Philip Mossman(tp) Steve Willson(as) Ralph Bowen(ts)
Renee Rosnes(p) Kenny Davis(b) Ralph Peterson(ds)
+ Terumasa Hino(cor)
August 29,1987 (Sat) 1st Set/2nd Day

ピアノがハリー・ピケンズからリニー・ロスネスに交代したO.T.B.、ゲストに日野皓正さんが参加するセット。
手元にある全曲お聴かせしたい処ですが、そこは我慢(笑)。
「Samba Larue」はラルフ・ピーターソンが脱退した後、3枚目のアルバムに収録されておりますが、やはりやんちゃ坊主全開のラルフがドラムでなきゃあ・・・ね。


/////////////////////////////////////////////
25:38 05. mfjf-jingle(nostalgia-15s)

/////////////////////////////////////////////
25:48 06. Saturday & Sunday / Grachan Moncur Sextet 13:22

Grachan Moncur Sextet featuring Tony Williams
Woody Shaw(tp) Grachan Moncur III(tb) James Spaulding(as)
Bobby Hutchurson(vib) Ron Carter(b) Tony Williams(ds)
August 29,1987 (Sat) 2nd Set/2nd Day

「One Step Beyond / Jackie McLean (Blue Note BST 84137)」に収録された曲を中心に演奏するセットだったのですが、肝心のジャッキー・マクリーンが急遽、来日出来なくなるというアクシデントに見舞われたようで。
ジャッキーの代わりに、フレディ・ハバードとの共演でお馴染み、ジェームス・スポウルディング(James Spaulding)が参加。フリーキーなトーンで演奏を盛り上げておりました。

ブルーノート・新主流派の作品群でお馴染みのボビー、ロン、トニーというリズム隊に加え、何故かトランペットのウディ・ショウ(Woody Shaw)が参加。
ウディの陰影の濃く熱いソロが、このバンド、最大の聴き処だったりします。

/////////////////////////////////////////////
39:10 07. I’ve Got It Bad(And That Ain’t Good) / Dianne Reeves & Billy Childs 7:50
47:00 08. Love For Sale / Dianne Reeves +OTB trio 5:53
52:53 09. What Is This Thing Called Love / James Spaulding & Freddie Hubbard +OTB trio 21:04

Jam Session #2
Dianne Reeves(vo) Billy Childs(p) Kenny Davis(b) Ralph Peterson(ds)
Freddie Hubbard(tp) James Spaulding(as) Renee Rosnes(p)
August 29,1987 (Sat) Night Stage at Hotel Mt. Fuji

マイケル・カスクーナが司会進行を勤める「ジャムセッション」では、大型新人としてダイアン・リーブス(Dianne Reeves)が登場。
途中、O.T.B.のラルフ・ピーターソンらを加え、迫力あるステージを繰り広げております。

引き続き、O.T.B.のリズム隊をバックに、ジェームス・スポウルディング(James Spaulding)が「恋とは何でしょう(What Is This Thing Called Love)」を演奏。
途中から、お祭り男の異名を持つ、フレディ・ハバード(Freddie Hubbard)が加わり、ここにはアップしてませんが、自作曲「Hub-tones」も演奏してました。
その後、大物ミュージシャンが続々登場したようですが、詳細は不明なんです。



/////////////////////////////////////////////
73:56 10. mfjf-jingle(Abdallah-30s)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*