About Blue Note Records



ドイツ・ベルリン出身の熱狂的なジャズ・ファン、アルフレッド・ライオン(Alfred Lion)が、1939年にアメリカで設立したジャズレーベル、ブルーノートレコード(Blue Note Records)。

Blue Note CD

アルフレッド・ライオンは自身の他に、有能なる協力者に恵まれました。


ドイツ時代からの親友で、カメラマンでもあったフランシス・ウルフ(Francis Wolf)。
録音エンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)。
ジャケット・デザイナーのリード・マイルス(Reid Miles)。
ジャズ評論家で、多くのライナー・ノートを担当したレナード・フェザー(Leonard Feather)など。

クール・ストラッティン

ライオンは1967年に健康上の理由から引退するまでの間、現代でも通用するクオリティの高い作品を製作し続けました。



その妥協を許さない製作ポリシーゆえ、ブルーノートレコードには多数の未発表音源が残っておりました。


その噂をミュージシャンから聞いたマイケル・カスクーナ(Michael Cuscuna)は、1975年からマスターテープの調査・発掘を開始。


その成果は70年代に発売された「BNLTシリーズ」として、アルフレッド・ライオンのポリシーに従い、公開に値する音源を厳選した上で順次発表されております。
なお、調査開始から30年以上経過した現在でも、未調査の音源が存在するとのこと。



音楽メディアがLPからCD、そしてデータダウンロードへと移行しつつある現在でも、ロングセラーが続くブルーノートのアルバムが多数ありますが、その多くがマイケル・カスクーナが発掘・厳選した未発表別テイク及び未発表曲を追加して発売されております。



CDの製造が始まった当時、日本においてはブルーノートレコードは東芝EMIが発売権を有しておりました。
1986年には、「マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル’86 ウィズ・ブルーノート開催記念」として、別テイクなどの未発表音源を数多く収録した「Blue Note CD Super 50」シリーズがスタート。

Blue Note CD Super 50 series (1986)

その後も、マイケル・カスクーナ(Michael Cuscuna)の協力の下、未発表音源を組み込んだCDが発売されていきました。

Blue Note 24bit by RVG-logo

また、1998年7月から始まった「紙ジャケット仕様」による再発CD(BLUE NOTE 24bit by RVG)は、東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)の行方均さんの尽力により、当時の録音エンジニアであるルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)が、24ビット・デジタル・リマスターを担当し、大ベストセラーを記録しました。

Candy (Reis)

現代のオーディオ・システム向けに調整された高音質のリマスターCDは、ジャズファンからも熱狂的に支持され、現在も『RVGシリーズ』としてリマスター作業が続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ジャズのCD(Blue Note)などをゆるゆるご紹介