Blue Note Records Compilation (Blue Break Beats & more)

●Blue Note Records Compilation (Blue Break Beats & more)

 ブルーノート・レコードが1985年に復活した後、現代音楽シーンの視点から選曲された、沢山のコンピレーションアルバムが編纂されております。

 日本の様に、「音楽鑑賞」を目的とする層に向けたものは勿論のこと、「踊れるジャズ」という視点で、日本のお堅いジャズファンから軽視されていたジャズ・ファンクや、ソウル・ジャズ系の音源だけを集めた「Blue Break Beats」四部作、「ブルーシリーズ(Blue Series)」などが発売され、大ヒット・ロングセラーを続けていたりします。

 1980年代にイギリスで起こった「踊れるジャズ」を発掘する動きは、ロンドン・クラブジャズの人気DJ・ポール・ブラッドショウ(Paul Bradshaw)らを中心とし、1988年に創刊された雑誌「Straight No Chaser Magazine」を媒体として世界中に広まっていきました。

 発掘された「踊れるジャズ」音源は、新たなる名称「アシッド・ジャズ(acid jazz)」などと呼ばれているそうです。

Best of Blue Break Beats

 「Blue Break Beats」四部作は、「アシッド・ジャズ(Acid Jazz)」レーベル創設メンバーのディーン・ラドランド(Dean Rudland)とエディ・ピラー(Eddie Pillar)が選曲。

Blue Bossa

 また、「ブルーシリーズ(Blue Series)」と呼ばれるコンピレーション・アルバムの重要三部作、「ブルー・ボッサ(Blue Bossa)」、「ブルー・バップ(Blue Bop)」、「バプティスト・ビート(Baptist Beat)」を手掛けたのは、DJ・ジャイルス・ピーターソン(Gilles Peterson)だそうで。

 ジャイルス・ピーターソンは「アシッド・ジャズ(Acid Jazz)」、「トーキン・ラウド(Talkin’ Loud)」など、次々にレーベルを設立し、世界的に人気があるようですね。

 ちなみに、日本の東芝EMIも「Blue Break Beats」四部作に先立つ1986年、ロンドン・クラブジャズの人気DJ・ポール・ブラッドショウ(Paul Bradshaw)選曲による「Soho Blue – Welcome to the Blue Note Club (Blue Note / Toshiba EMI BNJ-71106)」というコンピレーションLPを発売しておりますが、未CD化。

 CD・LPの収録曲等に関する情報は、整理出来次第、準備掲載。補足していきます。

Blue Break Beats (US & UK & EU)

Blue Series (US & UK & EU)

MEMO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ジャズのCD(Blue Note)などをゆるゆるご紹介