「Dizzy Gillespie Big Band – November 1968 (Beppo BEP-509)」海賊版らしいが、いい録音

Dizzy Gillespie Big Band – November 1968 (Beppo BEP-509)

Dizzy Gillespie Big Band - November 1968 (Beppo BEP-509)

 最近、放置してあったジャズのレコードをデジタル化して、CDに焼く作業をこまめにやってます。ついでなんで、そんなアルバム達を紹介していこうかと思ってます。

 東京の神田~神保町付近で寄った中古レコード屋さんで購入した、詳細不明・海賊盤らしきレコード「Dizzy Gillespie Big Band – November 1968 (Beppo BEP-509)」。

 つるつるにコーディングされたペラジャケットなので、撮影すると背景が写りこんでしまうのは後勘弁を。

 まあトランペットに何故か、イギリス出身のディジー・リース(Dizzy Reece)が入ってたので、購入したんですけど。

Dizzy Gillespie Big Band - November 1968 (Beppo BEP-509)

 そっけないジャケットに「曲名」と「演奏メンバー」が記載されているものなんですが、元はラジオかTVの「放送用音源」らしく、やたらと音が良い。

 演奏も程よくエキサイトで良い出来なんでレコードをデジタル化したんですが、CDに焼いて聴き出すと、延々リピートしまう魔力をもったアルバムだったりします。

 ちなみに、データ詳細確認のため「Jazz Discography Project」を覗くと、何故か、1968年の情報がすっぽり抜けてる(笑)。

Dizzy Gillespie Discography Project

 別途記載する「既発音源」や「映像」を確認してみても、該当する音源がないので、謎は深まるばかり。

 このレコード、イギリスで発売されたものらしいので、イギリスの何処かで演奏されたものなのかしら?

 手元に資料ないのでネット使い延々調べてみましたが、イギリスで演奏した記録が見つかりませんでした(笑)。他の国での演奏は、動画などの資料見つかったので、後述。


Dizzy Gillespie Big Band – November 1968

Beppo Records ‎– BEP 509 [UK]

Dizzy Gillespie Big Band - November 1968 (Beppo BEP-509)

side 1
01. Theme – Birk’s Work(Gillespie, Barney Kessel) 1:23
02. Things To Come (Dizzy Gillespie, Gil Fuller) 6:22
03. Ray’s Idea (Gil Fuller, Ray Brown) 4:22
04. One Bass Hit (Gillespie, Fuller) 4:19
05. Manteca (Gillespie, C. Pozo, Fuller) 3:42

side 2
06. M’bhanio [Nbani] 10:26
07. Frisco (Mike Longo) 11:17

Dizzy Gillespie Big Band

Dizzy Gillespie(tp) Dizzy Reece(tp) Jimmy Owens(tp) Steve Fortado(tp) Victor Paz(tp)
Curtis Fuller(tb) Ted Kelly(tb) Tom McIntosh(tb)
Chris Woods(as, fl) James Moody(as, ts, fl) Paul Jeffrey(ts) Sahib Shihab(as, bs) Cecil Payne(bs)
Mike Longo(p) Paul West(b) Candy Finch(ds)

Recorded November 1968


「The Dizzy Gillespie Reunion Big Band」1968年既発音源について

 既発音源に関してはネット検索すると、ディジーのビックバンドは1968年11月頃、「The Dizzy Gillespie Reunion Big Band」名義で、ヨーロッパの各地で演奏してるらしく、各国での録音が公開されております。

1)「The Dizzy Gillespie Reunion Big Band」1968年イタリアでの演奏

 イタリアでの演奏日程は、11月1日がプラート(Prato)、3日はミラノ(Milan)、4日はレッジョ・エミリア(Reggio Emilia)、5日はローマ(Rome)と、巡業している模様。

 11月3日に「Milano」で行われたコンサートは、「Dizzy Gillespie And His Big Band ‎– Live (Blu Jazz ‎ BJ011CD)」としてCD発売されておりますが、日本では入手困難か。


2)「The Dizzy Gillespie Reunion Big Band」1968年ドイツでの演奏

 ドイツでの演奏は11月7日「Berlin Jazz Festival (Germany)」での様子が、「MPS Records」より「The Dizzy Gillespie Reunion Big Band ‎– 20th And 30th Anniversary」として発売されております(未CD化の模様)。

The Dizzy Gillespie Reunion Big Band- 20th and 30th Anniversary

MPS 15207 / MPS 15 207 ST (1968) LP

01. Things to Come (Dizzy Gillespie, Gil Fuller) – 5:29
02. One Bass Hit (Gillespie, Fuller) – 6:35
03. Frisco (Mike Longo) – 7:55

04. Con Alma (Gillespie) – 10:15
05. The Things Are Here (Gillespie) – 7:40
06. Theme – Birks Works (Gillespie, Barney Kessel) – 1:40

Dizzy Gillespie Big Band

Dizzy Gillespie(tp) Dizzy Reece(tp) Jimmy Owens(tp) Stu Haimer (tp) Victor Paz(tp)
Curtis Fuller(tb) Ted Kelly(tb) Tom McIntosh(tb)
Chris Woods(as) James Moody(as, ts) Paul Jeffrey(ts) Sahib Shihab(as, bs) Cecil Payne(bs)
Mike Longo(p) Paul West(b) Otis “Candy” Finch(ds)

November 7, 1968 at Berlin Philharmonic Hall, Berlin Jazz Festival, Berlin.

 「Berlin Jazz Festival (Germany)」での様子、動画もありましたね。

Dizzy Gillespie Reunion Bigband 1968 – Con Alma


3)「The Dizzy Gillespie Reunion Big Band」1968年デンマークでの演奏

 日程不明ですが、「Copenhagen Jazz Festival (Denmark)」での様子は、デンマークの放送映像で確認することが出来ます。

Dizzy Gillespie Big Band Copenhagen 1968 Danish TV production